遺品整理について

遺品整理を行う上で役立つ作業手順やコツや信頼できる業者選びのポイント費用相場などをご紹介します。

遺品整理ってどうしたらいいのか?

大切な家族の葬儀を終え一息ついた頃に問題となるのが、遺品整理、つまり、故人の残した持ち物の整理や処分です。
人一人が残す持ち物の量は膨大です。また、故人の思い出の品を処分するには精神的にも負担がかかります。
最近では、遺族も高齢で作業が思うように行えなかったり、子供たちがいても住まいが離れていたり、自分たちで遺品整理をしきれず、専門業者に依頼する人も増えています。

しかし、業者に依頼すると、高額な費用を請求されるのではないか、遺品を大切に扱ってもらえないのではないか、と心配になることも多いでしょう。

今回は、遺品整理を自分たちで行う場合と専門業者に依頼する場合のメリット・デメリットを比較した上で、それぞれの進め方や手順、専門業者の選び方や費用相場などをご紹介していきたいと思います。

1.遺品整理とは
遺品整理とは、故人の残した持ち物を、いるものといらないものに分類し、いるものを整理、分配、保管し、いらないものを処分することです。処分方法としては、売却、寄付、廃棄などが考えられます。

2.遺品整理の方法と、メリット・デメリット
遺品整理には、自分たちで行う方法と、遺品整理業者に委託する方法があります。遺品整理を進めるにあたり、まずは、両者のメリット・デメリットを比較したいと思います。

自分たちで遺品整理を行う場合のメリット・デメリット

メリット 費用がかからない
遺品を自分たちで整理することで、死の受け入れや悲嘆のケアにつながる
デメリット 時間と手間がかかる
大量の場合は、特に処分に困る
故人の持ち物を処分するのに申し訳ない気持ちになる
遺品に触れると故人を思い出したり悲しい気持ちになったり作業がなかなか進まない

遺品整理業者に依頼する場合のメリット・デメリット

メリット 手間がかからない
短時間でスムーズに作業が進む
探し物の捜索に協力してもらえる
遺品の買取や合同供養などのサービスを受けられる
その他、ハウスクリーニングなどの専門的なサービスを依頼することもできる
デメリット 費用がかかる
遺品の扱いに不備や間違いがあるなどトラブルの可能性がある
中には不当な業者もあるので注意が必要

遺品を整理するにあたっては、自分たちで進めていくにしても、業者に依頼するにしても、それぞれにメリット、デメリットがあります。
また、遺品の量や質、部屋の片付けか住まいごとの片付けか、家族が遺品整理に時間がさけるかどうか、など、それぞれの状況によって、自分たちで整理した方がよいか、業者に依頼した方がよいかが、異なってきます。

また、整理は自分たちで行い、処分品を業者に依頼するなど、上手に分担して業者に依頼する方法もあります。

3.自分たちで遺品整理を行う場合の方法と手順
自分たちで遺品整理を行う場合、やることは「分類」と「処分」です。むやみに処分していくよりも、遺品を分類し、緊急度・重要度の高いものから手をつけていくようにしましょう。

遺品の分類は5つ(遺品は、以下の5つに分けることができます。)

  1. 通帳、証券、車など相続対象となりうるもの
  2. 形見として取っておくもの
  3. リサイクル業者に引き取ってもらうもの
  4. 廃棄するもの
  5. 廃棄したいが、廃棄しづらいもの

遺品整理の流れと処分の仕方

では、具体的な作業の流れ、整理の仕方についてご説明していきましょう!

①相続対象となるものの確認、整理
まずは、通帳、証券、車など相続に関わりそうなものをピックアップします。これらは、相続人と相談または分割の上、名義変更や解約を行っていくことになります。

②形見として残しておきたい物の確保
着物や宝飾品、思い出の品など、形見として取っておきたいもの、親類縁者に形見分けしたいものを選別、保管します。

③処分品の分類
残りの処分品について、リサイクルするものと、廃棄処分するもの、処分したいけれど処分しづらいものに分類します。

④リサイクルするものについて
本、衣類、ブランド品などリサイクルができそうものは、買取業者に訪問してもらい、査定・買取を依頼するか、ネットオークションやフリマアプリなどを利用し自ら売却します。自分で売却する場合は、時間と手間がかかりますが、売却できる品物の範囲が広がったり、高値で売れたりすることもあります。

⑤廃棄物の処分
廃棄するものは、燃えるゴミ、燃えないゴミに分別し、自治体で決められた処分方法に則って廃棄します。廃棄品が多い場合、住まいが違って回収日に出せない場合などは、不用品回収業者に依頼するとスムーズです。

⑥廃棄しづらい物の供養
写真、日記、人形、ぬいぐるみ、故人の愛用品、趣味で収集したものなど、捨てたいけれど捨てづらいものについては、遺品供養をしてくれる寺社や業者に依頼する方法があります。依頼先は、菩提寺、人形供養や遺品供養を広く引き受けてくれる寺院・神社、遺品整理業者、お焚き上げの専門業者などが考えられます。

遺品整理業者に依頼する場合の手順・費用・業者の選び方

遺品整理業者を利用する場合の、依頼から作業の流れ、費用の相場、賢い業者の選び方などを見ていきたいと思います。

依頼と作業の流れ

  1. 問い合わせ
  2. 相談・見積もり
  3. 依頼
  4. スケジュールや処分方法などの打ち合わせ
  5. 実際の作業(分類・捜索・査定・買取・梱包・搬送・処分・清掃など)
  6. 支払い
  7. 後日、遺品の合同供養をしてくれる業者も多数

費用の算出システムと相場について

費用を算出する上で基本となるのは「部屋の広さ」「遺品の量」です。
最近では、「部屋の間取り・サイズ」をベースとして最低ラインが決まり、遺品の量、スタッフ人数、作業環境、住居の立地や階層、駐車場からの距離などにより増額されるというシステムが主流です。

1K 30,000円~80,000円
1DK 50,000~120,000円
1LDK 70,000~200,000円
2DK 90,000~250,000円
2LDK 120,000~300,000円
3DK 150,000~400,000円
3LDK 170,000~500,000円
4LDK以上 220,000~600,000円

業者に依頼する際の注意点
必ず事前に見積もりをとってもらい、金額に納得してから依頼するようにしましょう。見積もりとして出された金額の中には、どういったサービスが含まれていて、追加料金はどれくらいかかるのか、を確認します。提示された料金とは別途に「廃棄物処理費」、「水回り清掃費」、「合同供養費」などを請求する業者もありますので、追加費用の有無や、費用の総額について、十分確認しましょう。

遺品整理業者と不用品回収業者との違い
遺品整理業者と不用品回収業者は、どちらも物の処分を担うという点で、同じような業務に思えますが、その実は異なります。

遺品整理業者は、物を「遺品」として扱い、品物の分類や査定・買取、探し物の捜索をした上で、梱包や処分を行ってくれます。また、処分品について、多くの業者で合同供養のサービスを受けることができます。

一方、不用品回収業者は「不要品の回収・廃棄」に特化しており、品物の分類や供養などは基本ありませんが、費用が非常に安いところが魅力です。

ただし、市区長村の委託や一般廃棄物処理業許可を受けていない不正業者も多く、不法投棄などのトラブルに巻き込まれる可能性もありますので注意が必要です。

その一方、最近では、不用品回収業者でも、遺品整理士が在籍するなど、遺品整理業務をきちんと行ってくれる業者もありますので、上手に利用すると非常にお得です。

※遺品整理士とは
遺品整理士とは、業界の健全育成のために設立された「遺品整理士認定協会」の実施する養成講座の合格者をいいます。「廃棄物処理法」「家電リサイクル法」など、遺品整理に関する法令や、遺品整理に従事する者としてのモラルを学んだ者で、遺品整理士が在籍していることは、業者の信頼度をはかる指標の一つとなります。

遺品整理業者の賢い選び方6つのポイント

  1. 料金システムが明瞭である
  2. 追加請求がない
  3. 遺品の買取や供養など、希望のサービスが受けられる業者である
  4. 遺品整理士認定協会の優良業者である、または、遺品整理士が在籍している
  5. 年間実績が多い、または、設立から年数が経過している

まずは、料金システムが明瞭で、当初の見積もり料金から追加請求がない、ということが基本です。遺品の査定・買取、供養、ハウスクリーニングなど、希望するサービスが受けられる業者であることも大事です。また、遺品整理士認定協会の優良業者であること、遺品整理士の在籍、年間実績や、設立からの年数などは、信頼できる業者の証といえるでしょう。

遺品整理を始める時期と注意点
遺品整理は、故人の借りていた部屋を早急に明け渡す必要がある場合や、相続の対象となる品物を除けば、急いで整理する必要はありません。葬儀の後、心身共に落ち着いた頃に行うのがよいでしょう。ただ、遺品整理を行うにあたっては、親族に一声かけておくのが肝要です。勝手に行ってしまうと、形見分けして欲しかった、相談して欲しかった、と後でトラブルになることもありえます。

葬儀後の法要に集まるタイミングで、親族に相談したり、遺品を吟味してもらったりしておくと安心です。
そういったことを踏まえると、四十九日法要を一つの区切りとして、遺品整理のスタートとしてもよいかもしれません。まだ、気持ちの整理がつかないという場合は、無理に急ぐ必要はありません。

遺品整理は、時間も手間もかかりますが、その人の死を受け入れていく遺族にとって大切な作業でもあります。従来、遺品整理は遺族の手で行われていましたが、昨今は、高齢化、少子化、核家族化などを背景に、遺族だけでは担いきれない場合も多くなってきました。状況に合わせて、専門業者をうまく活用しながら、スムーズな整理を行っていきましょう。