終活サポートによる、大阪で開催される終活セミナーを紹介!

終活セミナー大阪

終活セミナー(エンディングノート)0421

日程 時間 会場 定員 主催会社

2018年4月21日

10:00~11:30

東大阪家族葬ホール すいれん

10名

株式会社セレモニー寂光

テーマ 会場住所
エンディングノート

東大阪市花園東町2-8-15

参加費用 最寄り駅
無料

近鉄奈良線「東花園駅」下車し南に徒歩5分

内容

「終活=葬儀」とお考えではありませんか?
「終活」とは「人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つめ、今をよりよく自分らしく生きる活動のこと」をいいます。

例えば、あなたの思いをどういう形で残しますか?
遺言書もひとつの方法ですが、最近は「エンディングノート」と呼ばれるノートに、自分の思いを書き記しておきます。

あなたが介護状態になったら、どういうふうな介護をしてほしい?
あなたが認知症になってしまったら、どうしてほしい?
あなたが亡くなったら、どういう御葬儀をしてほしい?
遺影写真にはどの写真を使ってほしい?
そして誰に知らせてもらいたい?
あなたが保険に入っていたら、どこの保険に入っているのか?
あなたに資産・負債があったら、その相続はどうしたい?

普段生活しているとなかなか照れくさくて話せないことでも、しっかりとあなたがエンディングノートに書き記しておくことで、
残された人は「あれでよかったのだろうか?」と後悔せずに、あなたの意を汲んであなたの望み通りに進めてくれます。

講師
終活カウンセラー協会 上級終活カウンセラー
田畑登喜男(株式会社セレモニー寂光 代表取締役)

特典

エンディングノートプレゼント
セミナー終了後個別相談あり

日程
2018年4月21日
時間
10:00~11:30
会場
東大阪家族葬ホール すいれん
定員
10名
主催会社
株式会社セレモニー寂光
テーマ
エンディングノート 会場住所
東大阪市花園東町2-8-15
参加費用
無料 最寄り駅
近鉄奈良線「東花園駅」下車し南に徒歩5分
内容

「終活=葬儀」とお考えではありませんか?
「終活」とは「人生の終焉を考えることを通じて、自分を見つめ、今をよりよく自分らしく生きる活動のこと」をいいます。

例えば、あなたの思いをどういう形で残しますか?
遺言書もひとつの方法ですが、最近は「エンディングノート」と呼ばれるノートに、自分の思いを書き記しておきます。

あなたが介護状態になったら、どういうふうな介護をしてほしい?
あなたが認知症になってしまったら、どうしてほしい?
あなたが亡くなったら、どういう御葬儀をしてほしい?
遺影写真にはどの写真を使ってほしい?
そして誰に知らせてもらいたい?
あなたが保険に入っていたら、どこの保険に入っているのか?
あなたに資産・負債があったら、その相続はどうしたい?

普段生活しているとなかなか照れくさくて話せないことでも、しっかりとあなたがエンディングノートに書き記しておくことで、
残された人は「あれでよかったのだろうか?」と後悔せずに、あなたの意を汲んであなたの望み通りに進めてくれます。

講師
終活カウンセラー協会 上級終活カウンセラー
田畑登喜男(株式会社セレモニー寂光 代表取締役)

特典

エンディングノートプレゼント
セミナー終了後個別相談あり

家族信託入門0516

日程 時間 会場 定員 主催会社

2018年5月16日

14:30~16:30

ビッグ・アイ小研修室5

20名

司法書士法人大阪泉北合同事務所

テーマ 会場住所
相続

大阪府堺市南区茶山台1−8−1

参加費用 最寄り駅
無料

泉北高速鉄道 泉ヶ丘駅 徒歩5分

内容

家族信託は遺言・成年後見とどうちがうのか、家族信託の利用の仕方を事例を使って分かりやすく説明します!信頼できる「家族」に資産を「託す」

こんな方におすすめ
・今は元気だけど老後の資産管理が不安
・子から孫への相続のことも心配・・・
・近い将来親名義の実家を売却したいが・・・
・将来は子どもにマンション・アパートを引き継ぎたい

~民事信託とは?~
①自身(=委託者)の財産を
②信頼できる人に(=受託者)に託し
③家賃等の利益を得る人(=受益者)のために
④特定の目的に従って、管理・処分してもらう財産管理の手法です。


※万が一不動産オーナーが認知症になると、資産活用や相続対策が継続できなくなるリスクがありますが、家族信託を活用すると、子どもが代わりに管理や修繕、契約や売却、建築など資産活用を継続して行うことができるようになるため、家族信託が注目されています!

第1部 
「家族信託と相続」
家族信託は遺言・成年後見とどう違うのか、家族信託の利用の仕方を事例を使って分かりやすく説明します。

講師
司法書士法人 大阪泉北合同事務所
代表社員 樋口 聡

第2部 
「生命保険信託と保険の活用について」生命保険と信託による遺留分対策を事例を使って分かりやすく説明します。

講師
プルデンシャル生命保険㈱神戸支社
藤原 悠貴

16:30まで質疑応答

日程
2018年5月16日
時間
14:30~16:30
会場
ビッグ・アイ小研修室5
定員
20名
主催会社
司法書士法人大阪泉北合同事務所
テーマ
相続 会場住所
大阪府堺市南区茶山台1−8−1
参加費用
無料 最寄り駅
泉北高速鉄道 泉ヶ丘駅 徒歩5分
内容

家族信託は遺言・成年後見とどうちがうのか、家族信託の利用の仕方を事例を使って分かりやすく説明します!信頼できる「家族」に資産を「託す」

こんな方におすすめ
・今は元気だけど老後の資産管理が不安
・子から孫への相続のことも心配・・・
・近い将来親名義の実家を売却したいが・・・
・将来は子どもにマンション・アパートを引き継ぎたい

~民事信託とは?~
①自身(=委託者)の財産を
②信頼できる人に(=受託者)に託し
③家賃等の利益を得る人(=受益者)のために
④特定の目的に従って、管理・処分してもらう財産管理の手法です。


※万が一不動産オーナーが認知症になると、資産活用や相続対策が継続できなくなるリスクがありますが、家族信託を活用すると、子どもが代わりに管理や修繕、契約や売却、建築など資産活用を継続して行うことができるようになるため、家族信託が注目されています!

第1部 
「家族信託と相続」
家族信託は遺言・成年後見とどう違うのか、家族信託の利用の仕方を事例を使って分かりやすく説明します。

講師
司法書士法人 大阪泉北合同事務所
代表社員 樋口 聡

第2部 
「生命保険信託と保険の活用について」生命保険と信託による遺留分対策を事例を使って分かりやすく説明します。

講師
プルデンシャル生命保険㈱神戸支社
藤原 悠貴

16:30まで質疑応答