葬儀準備で生前予約の注意点

葬儀の生前予約は、家族に迷惑をかけずにすむことと、自分の希望を取り入れた葬儀を行えることが特徴です。
自分が主役なのに、自分で見届けられないのが「葬儀」です。だからこそ、自分の希望を取り入れ理想とする葬儀にしたいものです。

家族に迷惑をかけずに自分の思い通りに人生を生きた終活の集大成として「葬儀の生前予約」をおすすめします。

生前の葬儀準備は、なぜ必要なのか?

葬儀会館で葬儀を行う場合は一般的に葬儀社が行うことになりますが、遺体搬送の時に、どの葬儀社にお願いするか決めておくことが納得できる葬儀を行うためには重要なことです。

遺体搬送の時に特に葬儀社の指定がない場合は、病院が紹介する葬儀社で請け負うことになりますが、希望する内容と大きく異なったり、予想以上に費用がかかったりとトラブルになることもあります。

葬儀とその前後の必要事項について葬儀の事前準備をしておかないと、残された遺族は、ドタバタの中で葬儀を行うことになってしまいます。ですので、事前に備え考えておくことは大切です。
葬儀をしない場合でも直葬などで葬儀社の支援が必要になりますので、事前に見積もりなどを取り比較検討します。検討して、お願いしたい葬儀社が決まったら生前予約をしてエンディングノートに記載しましょう。

関連コラム:終活 葬儀の準備

元気なうちに自分の葬儀を決めておく「生前予約」

葬儀の生前予約とは、自分の葬儀をあらかじめ葬儀会社や互助会に予約しておくことです。葬儀の会場、どのような祭壇・棺にするか、葬儀中にかける音楽や遺影などを相談しながら予約します。

今は自分の人生を考えるうえで、最期まで充実した日々を送るために終活を行い、エンディングノートを作成する人が増えています。終活には財産や持ち物の処分方法、終末期の医療などを記録することに加え、葬儀の生前予約もこの機会に検討してみましょう。

葬儀のことが決まっていれば、いざというとき残された家族に迷惑をかけずにすみます。そして自分の希望する葬儀ができるというメリットもあります。

生前予約で決められること

生前予約では、葬儀のどのようなことを決めておくことができるのでしょうか?ほとんどの葬儀会社が相談に乗ってくれるので、大まかな希望をまとめておくと話が進めやすくなります。まずは葬儀の基本的な事項をしっかり決めます。

  • ご自分の宗派を確認します。菩提寺があれば伝えましょう。
  • どのくらいの人に参列してもらいたいか。家族だけか、友人知人にもたくさん参列してほしいかなども考えておきましょう。
  • 費用はどのくらいを考えているか伝えましょう。葬儀会社によっては、葬儀に備えて積み立てできるところもあります。
  • 葬儀会場をどこにするかも考えておきます。参列しやすい交通の便がよいところか、自宅の近くがよいかなど、実際に見学してから決めるとよいでしょう。

次に自分の希望を決めましょう。

  • 遺影はどのような写真にしますか?改めて撮影するか、思い出のベストショットにするかなど自分の希望を伝えましょう。
  • 葬儀中に流したい音楽はありますか?音楽が好きな方なら、お別れの時は「この曲を流して欲しい」という思いもあるかもしれません。
  • 精進落としのメニューも考えてみましょう。皆さんにぜひ食べてもらいたい、というメニューがあれば相談してみましょう。
  • 祭壇や棺、お花など細かい点についても自分の希望を伝えましょう。

葬儀の基本をしっかり押さえて、あとは自分の希望を相談しながら決めていきます。

葬儀の生前予約をするメリット・注意点

葬儀の生前予約には多くのメリットがありますが、注意すべき点もあります。それぞれ確認してみましょう。

生前予約のメリット

1突然の不幸でも遺族が慌てずにすむ
もう葬儀について予約してあるので、亡くなってから慌てて葬儀会社を探す必要がなくなります。葬儀の進行を細かく決めていかなくてよいので、遺族の負担が減ります。その分ゆっくり故人と別れる時間をとることができます。
2葬儀の費用を前もって検討することができる
葬儀の相場というものは、一般にはわかりづらいものです。前もって費用を検討できるので資金を準備することができます。いざというときよくわからないまま葬儀を行って「高すぎる」などのトラブルを避けることができます。
3自分の理想とする思い通りの葬儀ができる
遺影は旅行に行ったときのお気に入りの写真にしてほしい、音楽は大好きなバンドの曲を流してほしい、好きな花で埋め尽くしてほしい、精進落としのメニューは大好きなお寿司を食べてもらいたい、などご自分の希望に沿った葬儀ができます。

生前予約の注意点

一方注意点もいくつかあります。大切な自分の最期、あとから困る人がでないようにていねいに生前予約を行いましょう。

家族に対して説明が必要

生前予約に関して多くあるトラブルが、家族の同意が得られないことです。「生きているうちから葬式の予約なんて縁起でもない」と思ってしまう方は意外と多くいらっしゃいます。また葬儀に対するとらえ方が本人とご家族で異なっていることもあります。たとえば自分は家族だけが参列してくれればいいと思っていても、ご家族はたくさんの人に葬儀に参列して欲しいと思っているかもしれません。生前予約を行うことのメリットや、葬儀に対するご自分の考えをしっかり伝えて、家族ときちんと話し合うことが重要です。

時間の流れで事情が変わる可能性を考慮する

時の流れとともに、社会情勢が変わったり、自分自身にも思わぬ事態が発生したりすることがあります。

例えば葬儀の生前予約をしてから20年後に亡くなったなど時間が経っていると、予約した葬儀会社が倒産していたということも考えられます。あるいは喪主にしようとしていた人が先に亡くなってしまう、ということもあり得ます。

また自分自身の葬儀の希望も、時間とともに変わる可能性もあります。そのため途中で葬儀のプラン変更や、解約ができるタイプを選んでおくと安心です。

葬儀の生前予約をすることで、家族に迷惑をかけずにすむ

終活を行っていて多くの人が心配するのは「家族に迷惑をかけたくない」ということではないでしょうか。自分が死んでから家族に迷惑がかかることは避けたいものです。

調査実施機関:楽天インサイト株式会社
調査対象者:20歳~69歳 男女

終活に葬儀の生前予約を加えることで、残された家族に迷惑をかける心配はかなり解消されます。その際は生前予約する葬儀内容を、ていねいに家族に伝えておくことも大切です。

たとえ病気などでお迎えがくることが近いことがわかっても、人が亡くなると誰もが悲しみに襲われ、気持ちが動転します。しかし残された家族は悲しみに暮れる間もなく動転したまま親類知人に連絡をして、ほんの2,3日のうちに葬儀会社を決め、さらに葬儀の流れや内容、予算など多くのことを相談し決めていかなければなりません。

その結果あとから冷静になって「ああすればよかった、こうすればよかった」と葬儀について後悔してしまうこともあります。

葬儀の生前予約をしておけば、家族は葬儀の希望についても家族はすでに聞いているので、あらたに葬儀について悩む必要がありません。迷惑をかけずに、最期を迎えることができます。

生前予約の葬儀会社を選ぶポイント

ではどのような葬儀会社を選べばいいのでしょうか。葬儀会社選びはまずはご自分の地域の優良葬儀会社に目を向けることがおすすめです。

実績○十年、直営の斎場があるなどが判断基準です。今は終活ブームということもあってネットには多くの葬儀社サイトがあり、葬儀社紹介サイトもあります。そういったところで相談したり申し込んだりするのもいいのですが、大切な葬儀ですから最終的には直接話して決めることになります。

その点地域の優良葬儀会社は実績があるうえ、自分の目ですぐ確かめられるという利点があります。

生前予約はほとんどの葬儀会社や互助会などが行っています。互助会は古くからある「冠婚葬祭互助会」のことで、お金を積み立てて冠婚葬祭に備えるものです。積み立てた費用を、葬儀に充当するので少しずつ積み立てたいタイプの方に向いています。

セットになった葬儀プランを用意している葬儀会社もあります。自分のライフスタイルや希望にあった生前予約を相談してみてはいかがでしょうか。どのような葬儀があるのかをまず知っておくことから始めてみましょう。

終活サポートへのお問合せはこちら