葬儀社の選び方のポイントは?故人を送るために良い葬儀をしましょう

葬式の直前に迷ってしまいがちな葬儀社選び

家族を亡くしてしまうと深い悲しみに包まれてしまいますが、そのような状況であっても葬儀・告別式はとどこおりなく進めなければなりません。葬儀をスムーズに進めるためには葬儀社選びが重要となります。

良い葬儀社のめどがつかない場合は、まわりの人たちから葬儀社を紹介してもらう方法もありますが、良い葬儀社は自分であらかじめ見当をつけておきたいものです。葬儀社を適切に選ぶポイントについてご紹介します。

葬儀場の種類を理解しておこう

葬儀社の選び方について理解する前に、葬儀場の種類について理解しておきましょう。

葬儀は葬儀社のセレモニーホール、火葬場を併設した斎場、公営斎場などで行われるケースが一般的です。なお、斎場とは葬儀を行う場所という意味であり、セレモニーホールも斎場に含まれます。

葬儀会場斎場の特徴は、葬儀で行うための施設に特化していることです。葬儀会場が設けられているだけでなく、葬儀後に家族や親族が会食するスペースや、家族などが宿泊するスペース、宗教関係者の控え室などが設けられており、葬儀に関する一連の内容を斎場で行うことができるようになっています。

 

葬式にかかる費用の目安はどれくらい?

葬儀社を選ぶときに気になるのは、葬儀費用の相場ではないでしょうか。葬儀費用の相場を調べるために株式会社鎌倉新書が2017年に実施した「第3回お葬式に関する全国調査」の内容を参考にします。

それによると、葬儀の平均総額(葬儀費用、飲食代、返礼品を含み、お布施は除く)は、178万2000円となりました。内訳を見ると、葬儀費用が約117万1000円、飲食代が約29万3000円、返戻品は約31万8000円となりました。

参考:株式会社鎌倉新書 第3回葬式に関する全国調査
https://www.e-sogi.com/research/2017/

葬儀にかかる費用は、参列者の人数によって前後する傾向がありますが、おおよその相場として上記の金額を参考にすると良いでしょう。

葬儀の費用は3つに分けられる

費用を十分に吟味する余裕もないまま葬儀を終えてしまって、後日届いた請求に驚いた!という経験をされた方も多いのではないでしょうか?そうならないためにも葬儀費用の内容をしっかりと理解しておきましょう!

葬儀の基本費用

祭壇及び祭壇飾り、棺代、霊柩車、火葬料、式場費用料など葬儀自体にかかる必要な費用です。 遺影写真や遺体保存用のドライアイス、搬送車火葬場までの送迎マイクロバス、オリジナル礼状・料理などオプションも含まれます。 葬儀社により家族葬のプラン内容がことなりますので確認しておくとよいでしょう。

飲食や返礼品の変動費用

通夜や葬儀で必要な飲食費や会葬者への返礼品、会葬礼状にかかる費用です。 参列者の人数により大きく変動しますので見積もりを比較する際に注意しましょう。

宗教者への費用

宗教者へのお布施や戒名料がこれに当たります。宗教者へ費用は通夜および葬儀の際の読経料、 初七日法要費用をお布施として、その時々に支払うことになります。

 

読経料・戒名料とは?
読経料 平均20~25万円 (信士・信女の場合) 宗教によって大きくこの費用は異なります。 明確な金額は決まっておらず、「お気持ちを頂きます。」言われることが多いですが、大体の相場が分かっていれば安心でしょう。 49日など法事の時は5~10万円が相場になります。
戒名料 平均5~10万円 戒名料も宗教により費用がことなります。 戒名の位は、当人の社会貢献度や地位やお寺への貢献度により決まります。 お金を積めば高いくらいの戒名が付けてもらえるわけではありません。

葬儀費用と担当者の対応を確認

葬儀社を選ぶポイントは、大きく分けると「費用が相場であるかどうか」という点と「担当者の対応は良いか」という点となります。

葬儀費用の相場については、上記にて葬儀の平均総額が178万2000円、葬儀費用の平均が約117万円であることを紹介しました。葬儀の参列者の人数に応じて葬儀の金額は前後しますが、上記で示した葬儀の平均総額よりも葬儀の見積額が高くなる場合は、その理由を葬儀社に確認しましょう。

良心的な葬儀社ほど、項目別の費用を細かく提示することが多いため、葬儀を依頼する側としても葬儀費用の詳細を理解しやすくなります。もし、葬儀の費用の内容が分かりにくい場合は、葬儀社に確認することが大切です。

また、斎場選びで重要となるのが担当者の対応です。上記の例で示したように、葬儀の費用が高くなる理由を項目別に分かりやすく説明できれば、対応の良い葬儀社ということができます。そのほか、葬儀社の中には、家族葬のように低価格で行える葬儀を行いたいと申し出た場合に、親切さが感じられない対応を行うケースもみられます。

葬儀社が葬儀を行う上で大切なことは、いかに利用者の要望に応じた葬儀を行うか、ということです。担当者の対応は葬儀社選びにおける重要なポイントといえるでしょう。

葬儀を行うことが決まったときに落ち着いて対応するためにも、あらかじめ葬儀社の選び方について理解しておきましょう。

全国対応 葬儀でお困りのご家族様へ
累計相談37万件以上の実績を持つ「葬儀の専門相談員(いい葬儀) 」が、お客様それぞれの状況に合った葬儀をご提案。後悔しないお葬式をするためのお手伝いをします。

プレゼント

葬儀相談 葬儀相談

見積はこちら

終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する