お墓について

お墓について

お墓の形式については明確な定義はなく多種多様です。子々孫々末代まで引き継がれていく一家のよりどころです。後で後悔しないためにもお墓について知っておきましょう!一般墓地に納骨堂、永代供養、改葬、墓じまいなど。

さまざまな納骨の種類と特徴

だれがそのお墓に入るかで墓地の選び方が変わります。

納骨の種類 継承者がいる 継承者がいない タイプ 特徴
一般墓地
の建墓
× 公営墓地 安価で人気が高いため首都圏は常に不足。郊外は空きが多いが居住者限定などの条件がある。
寺院墓地 檀家に限定され、空きが少なく費用は高め。管理がしっかりしており手厚い供養が受けられる。
民間墓地 費用は高めだが、設備が整っている宗派を問わず入ることができる。
納骨堂
家族型
× 棚式・
ロッカー式・
タワー式
施設により異なる【棚に骨壺を並べるタイプやコインロッカーのような個室タイプなど。】個人型で30万~80万円、家族型で200万前後が相場。
納骨堂
個人型
×
自然葬 散骨 粉末にした遺骨を海にまく海洋散骨などがある。
樹木葬 墓地登録した土地へ遺骨を埋葬し墓石ではなく木を植樹する。

お墓を購入する際は、所有権ではなく墓地を使用する権利【永代使用権】を取得します。
お墓を建てる時期に決まりはなく近年は生きているうちに、お墓を建てる方も増えています。
相続税の節税対策にもなります。

墓石は経営母体や管理者、形態により3種類あります。(※上記の表参照)それぞれ特徴がありますので、それを踏まえて選択してください。

遺骨について

その日のうちに埋葬する場合もありますが、自宅で祭壇を作って安置・追悼するのがほとんどです。納骨は法要に合わせて行われるのがほとんどです。四十九日の法要と併せて納骨式を行います。納骨式には「埋葬許可証」「墓地使用許可証」が必要ですので手元に置いておきます。お墓の準備が四十九日までに、できない場合は、一周忌を目安に準備して、納骨できるようにします。
本人が健康なうちに、お墓についてどうするかを家族で話し合い検討されるとよいでしょう。

埋葬方法・納骨までの流れ

埋葬方法・納骨までの流れ

お墓は生前にご家族で話し合いを

遺骨をお墓に納める時期に特に決まりはありませんが、仏式では四十九日の法要に併せて納骨式を行います。生きているうちにお墓を用意することは「縁起が悪い」と思う方もいるかもしれませんが、昨今は生前に準備される人も多く、生前に準備しても問題ありません。ご本人が健康な時に、ご家族でどのようにするかを話し合って決めておくことをすすめます。

お墓を建てる際の手順

①誰が入るのかを決める
自分や夫婦のみなのか、子供や子孫の代まで使うのかを決めます。それにより墓地の選び方も変わります。
②墓石のデザインを決める
寺院墓地では、デザインや大きさなどに制限があるケースもあります。
③墓地を購入する
お墓の費用についてはこちら
④石材店を決める

開眼法要・埋骨式の知識

開眼法要とは?
開眼法要

墓石や仏壇に魂を入れる方法で「入魂式」「御魂入れ」ともいい、生前に建てる場合は、お墓の完成時に新しい仏のためにお墓を建てた場合は納骨式とあわせておこないます。お布施の相場は3万円~5万円といわれています。

納骨・埋骨式とは?
火葬した骨を墓に埋めることで仏教ならば四十九日、神道なら五十日祭が一般的ですが、決められた時期はありません。