知らないと損をする遺言

遺言は契約と同様に法的行為になりますが契約のように両者の合意ではなく、単独で効力を発揮します。遺言は満15歳になり、意味を理解できる程度の意思能力があれば、だれでも遺言を行えます。

遺言のキホン

遺言は自分の死後に、残された家族に対して財産の分割、処分方法を書き出す手段です。法で定められた用件が守られていれば全ての相続人による合意等の特段の理由がない限り遺言の内容を前提に相続手続きが進められる。

日本の法律では遺言者の意思を尊重するという理念から強い法的効力があります。遺言の残してしまうことによって余計に揉めてしまうのでは思う方もいますが、遺言があることにより財産相続からおきる争いを抑えることに期待が持てます。

遺言の作成方法は3通り

遺言として法的効力を持つのは「法廷遺言事項」に含まれる、相続に関する事項・財産処分に関する事項だけで相続人はそれ以外の遺言に従う必要はありません。

¶自筆証書遺言・・・自筆で書く遺言ではポピュラーで手軽に作成できる方式。
¶公正証書遺言・・・公証人に遺言内容を伝えてそれを元に公証人が作成する方式。
¶秘密証書遺言・・・あまり一般的とは言えない方式。

遺言書検認の流れ

公正証書遺言以外の遺言は、家庭裁判所で検認の手続きが必要です。

遺言書を見つける

遺言書を発見していても、その場で開けてしまうと偽装などを疑われてしまうので、見つけても勝手に開けないようにする。

家庭裁判所へ検認の申し立てを行う

遺言書を保管または、発見した人が住所地を管轄する家庭裁判所に検認を申し立てる。その際に遺言書の検認申立書や被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本など書類を用意する。

検認の期日を決定する

遺言書の検認をする日を決定する。日付が確定したら家庭三番所から相続人などの利害関係者に通知される。

遺言書を検認する

検認日当日に相続人やその代理人などの関係者が立ち合い、裁判所が遺言書を開封する。

検認済み証明書が作成される

遺言書の内容や訂正状態を確かめられたら偽造・変造を防ぐためで検認証明書が作られる。検認証明書は遺言書の原本に添付され、申立人に返れれる。

終活サポートへのお問合せはこちら