永代供養

永代供養とは

永代供養(えいたいくよう)とは、霊園や寺院が、遺族に代わり遺骨の管理をしてくれる供養の形です。最近では、子供や孫に面倒をかけたくない、お墓にお金をかけたくない、という理由で、永代供養を選択する人が増えています。

永代とは、永遠という意味か?

永代とは、霊園や寺院がある限りずっと、という意味で、存続する限り永遠に管理をしてくれます。ただし、他の遺骨と合葬される場合もありますので注意が必要です。

・永代供養の費用相場

永代供養の費用相場は10~150万円程度と、埋葬方法や、お墓に納められる遺骨の制限、個別に占有できるスペース、個別供養の年数など、様々な条件によって大幅に異なります。

費用相場を埋葬のスタイルによって段階的に表すと以下のようになります。

 

・合葬の場合…10~30万円

・個別埋葬で、集団型の墓地(ロッカー式の納骨堂など)の場合…30~80万

・個別埋葬で、個別型の墓地(仏壇タイプの納骨堂や墓石など)の場合…60~150万円

永代供養墓を選ぶ際の4ポイント

①合葬か、個別埋葬か

永代供養をする上での最大の選択肢は、他の遺骨と合葬か、個別埋葬かです。合葬された場合、後で個人の遺骨だけ取り出すことはできません。お墓参りをする際も個別のお墓ではなく、合葬墓のモニュメントや供養塔でお参りすることになります。供養の費用が安く、墓地の管理も不要なため、大変手軽ですが、気持ちの問題として納得できるかどうか、親族間で十分相談することが大事です。

②個別埋葬の場合、個別供養期間について

個別埋葬であっても、十七回忌、三十三回忌、五十回忌などある程度の期間を過ぎたら、合葬墓に移されるケースが多いです。しかし、最近は期限を設けず、本当の意味で「永遠に」個別埋葬してもらえる墓地もでてきています。個別墓地の存続についてどのように希望するか検討しましょう。

③個別埋葬の場合、納められる遺骨の制限について

従来の墓地は代々遺骨を納めていくことができますが、永代供養墓は、単身者用、夫婦墓(一世代)、家族墓(二世代)というように、納められる遺骨が限られていることが多いです。永代供養墓を申し込む際は、誰のための墓地なのか決めておきましょう。

④墓地のスタイルについて

永代供養墓のスタイルは様々です。屋内墓地としては、納骨堂がありますが、中でも仏壇型やロッカー型など様々です。屋外墓地としては、墓石やプレートを設けた墓地、モニュメントのある集団墓地、樹木葬墓地などがあります。まずは、墓地の雰囲気や立地などを実際に見学することをおすすめします。

菩提寺と檀家という関係

・菩提寺とは?檀那寺との違い

菩提寺も檀那寺も「家としてお世話になっているお寺」という意味で、同じように使われることがありますが、厳密にいうと、菩提寺は「菩提を弔う寺(葬儀を行う寺)、墓地のある寺」で、檀那寺は「檀家として属している寺」という意味になります。

・菩提寺と檀家の関係について

菩提寺も檀那寺も、仏の教えを聞かせていただいたり、葬儀や法事などを行ってもらったりする代わりに、信徒として経済面を支えるお寺、ということに違いはありません。ただ、菩提寺の場合は、お墓でもお世話になっていますので、葬儀や法事の際のお布施に加え、当然、お墓の管理に対するお布施が必要になります。

菩提寺のお墓を墓じまいするにあたって、離檀料を求められるケースがありますが、お寺を支える檀家としてはある意味当然のことといえます。

離檀料の相場
菩提寺へこれまでの感謝の気持ちをこめて包むもので、本来、相場はないものですが、3~20万円程度が一般的といわれています。まれに数10万~数100万の離檀料を請求されてトラブルとなるケースがありますが、実際には、離檀料を求めないお寺の方が多いようです。

終活サポートへのお問合せはこちら