遺産相続についてのQ&A

被相続人が亡くなると様々な相続対象となる財産があります。
相続対象の財産とは、預貯金・土地や建物の権利や義務といった全てのものが各当します。

Q.相続できるもの?できないもの?って

A.回答1
〈できるもの〉預貯金や貸付金などの債権は可分債権となります。
〈できないもの〉被相続人が受けていた遺族年金、扶養請求権、生活保護受給権などです。
また、プラスのことばかりではなく被相続人がもっていた借金・ローンなどのマイナス財産も引き継ぐことになるので注意が必要です。

Q.残された財産はどのように分配するのか?

A.回答2
「法定相続分」という法律で決められています。

Q.法定相続と遺言相続どちらが優先されるの?

A.回答3
被相続人の財産相続を決める方法は日本では「法定相続」と「遺言相続」の2通りあり、いずれも法的効力を持っていますが、最優先されるのは「遺言相続」になります。