ペットに終活は必要?内容と保険・信託について

ペットにも終活があることを知っていますか?終活内容は人間のものと似ていますが、ペットの終活はペットを想う気持ちがあってこその活動です。愛するペットのために終活を始めてみませんか?

ペット(犬・猫)の終活とは?

ペットに終活は必要?内容と保険・信託について01

人間と同じように犬や猫などペットにも終活があります。終活の目的は、ペットの老後に備えるため、ペットより先に飼い主が亡くなった時にペットが困らないようにするため、の2つがあります。

ペットの終活とは言っても、実際に活動をするのは飼い主です。時間をつくるのはなかなか大変ですが、家族の一員であるペットのためにもペットがシニア期に入ったら元気であっても少しずつ準備をしたほうが良いでしょう。また、ご自分の終活の際にも残されたペットの生活についても考えましょう。

ペットの終活内容

病気やケガに備える

人間と同じようにペットも今は元気でも、老後になると病気やケガのリスクが大きくなります。万が一の時、治療費や入院費などの金銭的負担が原因で望ましい治療を諦めなくて済むようペット保険を考えておきましょう。また、信頼できる獣医師を家の近くで探しておくことも必要です。

介護に備える

介護が必要になった時の方針(どこで・誰が介護をするのか)、延命治療の希望について考えておきましょう。介護施設として、老犬ホーム・老猫ホーム、デイケア、ショートステイがあります。また、ご自宅での介護では訪問介護サービスもあります。自宅と施設・病院の移動に徒歩・自家用車が使えない時には、近所でペットタクシーのサービスを提供している会社を探しておくと便利です。

供養について考える

ペットの葬儀、土葬と火葬の選択、お墓、お仏壇について考えておきましょう。きちんと供養することでペットロスを癒すことができます。

ペットより先に飼い主が死亡した時の備え

ペットより先に飼い主が死亡した時、その後のペットの生活について考えておきましょう。お世話をお願いしたい人がいれば事前に相談して了承をもらっておくと良いでしょう。何もしないまま飼い主が死亡すると、餓死したり保健所に連れて行かれたりするかもしれません。 ペットを引き取ってくれた人がきちんとお世話をしてくれるか心配な人におすすめなのは、ペット信託です。ペットのお世話に必要なお金の管理を行い、きちんとお世話をしているかを監視してくれます。

 

医療費負担を減らす “ペット保険”

ペットには公的保険制度がなく、病院での治療費は全額負担になります。骨折やガンなど大きな手術となると治療費は数十万ということも珍しくありません。そのような時に飼い主の経済負担を軽くしてくれるのがペット保険です。

ペット保険はさまざまな保険会社で取り扱っており、補償プランは保険会社ごとに異なります。

月々の保険料を決めるのは、

  1. ペットの種類と年齢(年齢が高くなる程、保険料は高くなりやすい)
  2. 補償内容と補償割合(補償対象となる疾病が多く、補償割合が高い程、保険料は高くなります)
  3. 特約(特約の数が多くなる程、保険料は高くなります)

以上の3つです。

安くても補償内容が少ないと、せっかく保険に加入しているのに全額負担となるケースもあります。安さだけに縛られず、今後のリスクをしっかりカバーしてくれるプランを選びましょう。

加入前に確認しておきたいこと加入できるペットの種類犬と猫はほとんどの保険会社で加入できますが、小動物(うさぎ、ハムスター、など)・鳥類(インコなど)・爬虫類(トカゲ、カメ、など)は取り扱っていない保険会社もあります。 ・補償対象外の疾病全ての疾病を補償してくれるわけではありません。動物によってかかりやすい疾病がありますので、その疾病が補償対象外となっていないか確認しましょう。

補償内容

メインの補償内容は、通院・入院・手術です。

ただし、これらの全てが補償されるわけではありません。通院分野ではワクチン接種・健康診断、手術分野では去勢・避妊・妊娠・出産は補償対象外となり飼い主の全額負担となる場合が多いです。

また、オプションとして賠償責任(人に噛みついた・物を壊した)・火葬費などを補償してくれるプランもあります。

補償タイプ

定率補償タイプ

日本国民の公的保険のように、常に一定の補償割合で治療費を補償してくれます。補償割合は50%・70%・100%など選択式になっている会社が多いです。ただし、日額や日数・回数などの条件によって補償できる限度額が決まっているため、限度額を超えた分は飼い主負担となります。

定額補償タイプ

“通院1日につき最高1万円”“入院1日につき最高1万円”“手術1回につき最高3万円”など、1日や1回の治療にかかった費用を限度額まで補償してくれます。限度額を超えた分は飼い主負担です。ただし、年間の補償限度日数・回数が制限されているため確認が必要です。

実費補償タイプ

年間の補償限度額を設定し、その限度額に達するまで1回の治療費の金額に関係なく補償してくれます。ただし、年間の支払い限度回数に制限があるので確認が必要です。

動物病院窓口での使い方

ペット保険に加入すると、「保険証」が届きます。動物病院等の窓口に保険証を提示すると、加入している補償プランに従った治療費が請求されます。

飼い主の死後もペットを見守ってくれる“ペット信託”とは?

ペット信託とは、飼い主の死後、ペットの飼育環境や必要なお金(エサ代、病院代、など)を管理するしくみのことです。代わりにペットを飼ってくれる人(知人や里親)・団体(老犬ホームなど)を決めておき、飼い主の死後はそこでペットの新しい生活が始まります。そして、飼育に必要なお金は契約先(信託会社など)から代わりにペットを飼っている人・団体へ支払われます。

愛するペットの生活を保証するのがペット信託の役割です。

ペット信託のメリット

1お金を確実にペットのために残すことができる
遺言としてペットのお世話とお金を託したとしても、お金だけをもらって世話をしない可能性があります。しかし、ペット信託ではペットの世話をする人とお金の管理をする人が別なので、お金だけもらってお世話をしないということは発生しません。また、信託財産は相続財産とは別の扱いになるため、相続争いにペット信託用のお金を使われずにすみます。
2適切にペットがお世話されているかチェックできる
「信託監督人」を決めておくと、信託内容通りに適切にペットが飼われているかをチェックしてくれます。適切な飼育が行われていない場合は飼い主に対して改善させることができるので安心です。信託監督人は信託契約を作成した者(弁護士、行政書士、司法書士、など)が担当します。
3認知症や老人ホームへの入所などで飼えなくなった時にも利用できる
ペット信託は飼い主の死亡だけでなく、認知症や大病を患った時、老人ホーム等の施設へ入所する時など飼うことが困難になった時にも利用できます。ペット信託を契約する際にご相談ください。

ペット信託の契約先

ペット信託を契約したい方は、次のところへ相談しましょう。事前にペット信託を取り扱っているか確認しておくとスムーズに進みます。

  • 信託銀行
  • 信託会社
  • 弁護士
  • 行政書士
  • 司法書士

愛するペットの死は考えたくないものです。しかし、自分より長生きした時は誰がお世話をしてくれるだろう、という心配もあります。どちらの場合にもペットが不自由なく一生を送れることができるよう、しっかりとペット終活をしておきましょう。

終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する