終活のお役立ちニュース "音声と「昭和ニュース」で高齢者とコミュニケーションを図るAlexaスキルを開始"

Amazonが提供するクラウドベースの音声サービスに対応

2019年5月31日、株式会社ヘッドウォータースは、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」(以下、同サービス)に対応し、高齢者にとって最高のコンテンツとなるAlexaスキル「回想新聞 for Alexa」(以下、同スキル)の提供を開始すると発表した。

同サービスは、Amazonが提供するクラウドベースの音声認識サービスで、同サービスに対応したデバイスに話しかけると、音声を認識してクラウドサービスに送信する。

さらに、送信された音声をクラウド上でテキストに変換・処理した結果をデバイスに返し、再び音声に変換して再生する。

Amazonが開発した円筒スピーカー型のデジタルアシスタント「Amazon Echo」を支える頭脳として、音楽の再生・ニュースやスケジュールの読み上げの外、日常のさまざまな場面で役に立つとのこと。

Alexaスキル「回想新聞 for Alexa」の概要

同スキルは、回想新聞社が提供する、「昭和時代のニュースに特化した回想新聞」(以下、同新聞)を、同サービスに対応して読み上げてくれる。

高齢者にとっては、昭和の懐かしいあれこれを紹介する記事を聴くことができ、何時間でも何度でも楽しく喋れる「思い出」を呼び起こすきっかけを作ってくれる。

なお、同スキルは、スキル内課金機能ローンチのスキルで、無料の場合は、1週間に1話ずつ更新され、100円のオプションを購入すると、週に10記事を聴くことができるようになる。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ヘッドウォータース ニュースリリース
https://www.headwaters.co.jp/news/kaisou.html

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する