終活のお役立ちニュース "テレ玉 高齢者身元確認サービス「爪Qシール」開始"

爪Qシールとは

株式会社テレビ埼玉は、2019年6月1日(土)より高齢者サービス「テレ玉シニアパック」のサービスを開始したと発表した。

「テレ玉シニアパック」は、QRコードが印字されたネイルシール「爪Qシール」とサービスで提供する保険の総称になる。

認知症の高齢者が保護された場合に爪に貼っているシールに印字されたQRコードをスマートフォンで読み取る。

QRコードには施設名、住所、電話番号が表示され身元の確認が可能だ。

爪Qシールは、手の指、足の指に貼り付けることができる。

爪Qシールの詳細

販売価格は会員1人につき、1か月で600円(税抜き)。爪Qシールは、毎月2枚配布され、同時に保険がサービスが提供される。

保険サービス会社はあいおいニッセイ同和損害保険株式会社が行う。

保証内容は、傷害死亡・後遺障害保険金額は30万円、個人賠償責任危険保険金額は5,000万円となり保証期間は「テレ玉シニア安心パック」の加入期間に連動する。

対象は老人ホーム等の介護施設を対象とし、1施設で8名以上、金額として4,800円(税抜き)からサービスは適用される。1か月ごとの自動更新となる。

爪Qシールを導入した社会福祉法人では、施設内での利用に加え、今後は在宅サービスでも爪Qシールの採用を拡大するとしている。

また、爪Qシールの導入に当たり、認知症高齢者の安心と安全、そして生活を守ることは社会福祉法人の使命としてサービスの導入を決定した。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

テレ玉、会員制高齢者支援サービスの提供を開始
https://www.screens-lab.jp/article/16815

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
会員登録・ログイン
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する