終活のお役立ちニュース "「点灯がわかる電球で見守りサービス」の提供のため、7月よりフィールドテストを実施"

IoT電球「HelloLight」とは?

鈴与商事株式会社とハローライト株式会社は、ハローライト株式会社が開発した電球「HelloLight(ハローライト)」を利用した見守りサービスに関するフィールドテストを2019年7月より開始することを発表した。

同サービスに利用される「HelloLight」は、LEDとSIM(契約者情報が記録された、携帯電話やタブレット型端末などに差し込んで使用する主にICカード上のもの)が一体化している、世界初のIoT(インターネットに接続されている)電球。

電球一つで24時間の点灯状況をチェックし、点灯・消灯の動きがない場合に限り、その翌日に指定したメールアドレスにメールが送信される仕組みとなっている。これにより、離れていても利用者の状況を把握することが可能となる。

利用料は、月額150円(税別)からとなっている。通常の電球と同じように交換することができるため、特別な工事は必要ない。

離れて暮らす高齢の家族のために

このサービスの特長は、カメラを設置しない見守りサービスであるため、プライバシーが確保される点にある。また、ランニングコストが従来の10分の1という低コストや設置の手軽さも魅力の一つ。

この見守りサービスは、フィールドテスト後に、それで得られた知見を活かして商品開発を進め、一般消費者向けに販売が検討されていく予定。

(画像は鈴与商事株式会社のプレスリリースより)

▼外部リンク

鈴与商事株式会社
https://www.suzuyoshoji.co.jp/company/news/detail/297

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する