終活のお役立ちニュース "認知症予防の「脳にいいアプリ」を地方自治体が利用できるサービスを提供"

認知症予防を自治体とともに普及させる取り組み

株式会社ベスプラは、提供している認知症予防を目的とした脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」と、同アプリと連携した「管理サイト」を、地方自治体において、健康施策のために利用できるサービスとして提供することを発表した。

「脳にいいアプリ」は2017年2月にリリースされたスマートフォン向けのアプリで、各アプリストア「App Store」、「Google Play」において無料で提供されている。

「管理サイト」とは、自治体向けに提供されるサービスのことで、申請すると自治体ごとにIDが発行される。自治体は、そのIDを設定しているアプリ利用者に対し、情報を発信したり、相談を受けたりなどができるようになる。負担費用は、同サイトのアカウント利用料として、月数千円のみ。

「脳にいいアプリ」とは?

「脳にいいアプリ」は、すでに認知機能テストを含め10万人以上の人にサービスを提供している。そのうえ、利用者のうち96%に脳の灰白質が増加する効果が得られるまで研究開発を進めてきた。

同アプリは、認知症予防に効果的と言われる「運動・食事・脳刺激・ストレス緩和・社会参加」の5要素すべてが組み込まれているため、脳の健康維持において効果が高いとされている。

さらに、搭載されている人工知能が活動内容を学習し、各利用者に合った最適な活動を提案することからも高い効果が得られると言われている。

2019年7月からは、薬の飲み忘れを防ぐための「服薬管理」機能も追加で提供される。

(画像はPR TIMES掲載のプレスリリースより)

▼外部リンク

PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000007987.html

脳にいいアプリ
https://www.braincure.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口
電話で相談する メールで相談する