終活のお役立ちニュース "対話型AI搭載のミミズク型ロボット「ZUKKU」"

 

対話型AIを搭載した新しい見守りサービス

株式会社オートバックスセブンが、同社のブランド「WEAR+i(ウェア アイ)」の新サービスとして、対話型AIサービスを搭載したロボット「ZUKKU(ズック)」による見守りサービスの発売を発表した。

これは、株式会社ハタプロと株式会社NTTドコモ、日本情報通信株式会社と共同で行われる新サービス。

「WEAR+i」は2019年1月に、安心と安全な生活に貢献することを目的として立ち上げられたブランド。高齢者見守りサービスとして、自動車または自動車以外での外出時や在宅時など、さまざまな生活のシーンを豊かにする商品やサービスを開発・展開している。

見守りロボット「ZUKKU」とは?

この新しい見守りサービスに活用する「ZUKKU」は、対話機能や人感センサーを搭載した、身長がわずか10センチメートルのミミズク型ロボット。

「ZUKKU」は通信機能でクラウドのAIにアクセスすることで自然な会話をすることができる。さらに、小動物のような可愛い声と動きをすることから、会話を通して、利用者の毎日の生活に豊かさと楽しみを提供する。

また、毎日の日常会話により利用者のさまざまな情報を確認することもできる。利用者の遠くに暮らす家族が、パソコンやスマートフォンを通じて、会話の頻度や一定のキーワードから体の不調などをタイムリーに知ることも可能。

「ZUKKU」にはカメラ機能が搭載されてない上に、会話内容の詳細は家族に公開されない。そのため、利用者は、気楽な気持ちで監視ではない、ゆるやかな見守りを受けることができる。

「ZUKKU」による見守りサービスの一般販売は、2019年9月中旬より開始される。

全国対応
相続・遺品整理・身元保証・遺言・生前(死後)事務委任・介護・お墓の事など終活での不安な事は終活サポートへ相談ください。
※終活協議会認定講師がご相談・アドバイスさせて頂きます。

終活全般相談窓口
終活全般相談窓口

メールでお問合せ

(画像はWEAR+iのHPより)

▼外部リンク

WEAR+i
http://wear-i.com/zukku-hatubai-mimamori/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する