終活のお役立ちニュース "九州電力、高齢者の健康維持支援サービス「こねQと」を開始"

 

離れて暮らす親を身近に感じながら見守る

2019年9月10日、九州電力株式会社は、IoTを活用した見守りで高齢者の健康維持を支援するサービス「こねQと(コネクト)」(以下、同サービス)を開始すると発表した。

同サービスは、離れて暮らす親の健康を願う家族が、親を身近に感じながら見守ることができるサービスで、9月10日から申込みを受け付け、9月17日からサービスを提供する。

「こねQと」の概要

同サービスでは、高齢者の宅内に設置したセンサーで、その時々の室温や人の所在(人感)等を検知し、家族は、これらのデータをスマートフォン等確認して、高齢者の活動状況等を見守ることができる。また、起床などの日々の生活状況や、熱中症のリスクがある場合などの異常状態の通知を受けることができる。

同サービスを受ける際には、通信機の電源コードをコンセントに差し、センサーを壁に貼るだけで設置が完了するので、工事は不要だ。また、センサーの設置場所やメール通知の条件設定を柔軟に変更でき、24時間対応の電話相談や損害賠償責任保険が標準で付帯する。

なお、同サービスが提供される対象エリアは、高齢者等の居住する機器設置場所が九州本土で、家族等の居住する見守り場所には制限がない。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

九州電力 プレスリリース
http://www.kyuden.co.jp/press_h190910-1.html

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する