終活のお役立ちニュース "「リバイバル ライフ」プロジェクトで認知症に備える"

 

テーマは認知症!高齢者向けヘルスケアプログラム

エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社朝日新聞社が共同で、認知症に備えるためのプロジェクト「リバイバル ライフ(Revival Life)」を始動する。

「リバイバル ライフ」プロジェクトでは、朝日新聞社が展開する「認知症フレンドリー講座」と、エイベックスが展開する「リバイバル ダンス(Revival Dance)」というダンスプログラムの2つを組み合わせた高齢者向けダンスワークショップが提供される。

それぞれのコンテンツについて

「リバイバル ダンス」とは、1950~1990年代に流行った音楽をメドレー形式でつなぎ、高齢者でも身体に負担が少なく、楽しみながらかっこよくダンスを踊れるプログラム。

エイベックスに所属するダンス&ボーカルユニットTRFのメンバーと専門医などの監修によって考案された。

朝日新聞社では、創刊140周年を記念して「認知症フレンドリープロジェクト」を開始。認知症について他人事ではない当事者的観点から考えること、また正しい理解を得ることを目的とし展開してきた。

同プロジェクトでは、認知症について本人やその家族など当事者について理解を深めるための記事を掲載、出来事・実践を重ねるとともに体験型講座「認知症フレンドリー講座」を開催している。

VRによる認知症体験や認知症患者本人のインタビューなどを活用した同講座は、企業・自治体・学校などさまざまな場所で研修や授業に取り入れられ、好評を博しているという。

講座とセットならワークショップは無料

高齢者の健康や認知症についての理解を深めることを目的として開始される「リバイバル ライフ」プロジェクト。朝日新聞社・エイベックスの両社は、地方自治体や企業研修などへの導入を見据えた展開をしていくという。

また、DVD教材の発売を2020年春に予定していて、その発売までの期間において行われる「リバイバル ダンス」ワークショップは、「認知症フレンドリー講座」とセットで発注した場合、無料で体験することができる。

ワークショップの提供は、2020年1月中旬ごろを予定している。

(画像は「リバイバル ライフ」プロジェクトのHPより)

▼外部リンク

「リバイバル ライフ」プロジェクト
https://revival-life.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する