終活のお役立ちニュース "「第3回 相続川柳」の結果が発表!応募作を通して考える自分の相続。"

川柳で相続を詠む

2018年11月5日から2019年2月4日まで、「親子で相続を考える会」が「相続」についての川柳の募集を行い、その結果が発表された。

相続をもっと身近なこととして考えてもらいたい、という思いで始まったこの「相続川柳」。第3回を数えた今回は2951句もの川柳が幅広い年代から応募された。

最優秀賞に輝いたのは、スマートフォンのAIアシストである「Siri」というキーワードが入っているもの。時代を上手く取り入れたことが高い評価につながった。

また「認知症」や「土地」、「空き家」など現代の相続問題を反映した句も多い傾向となった。作者の実体験が元となった句もあり、読んでいて面白くもあり、かつ思わずハッとさせられるような鋭い作品も少なくない。

家族間の相続問題

実体験から作られた句の中でも、特に相続を経験した子による句の応募が多かった。それらの中には親への感謝が綴られた句もあったが、相続の問題が起こる前に「ちゃんと親と話すべきだった」という後悔の念が感じられるものがより多かった。

相続トラブルは、親と子が普段からしっかりしたコミュニケーションが取れていれば起こることはない。また、親とだけでなく兄弟とも、いざ相続の問題が持ち上がったときにトラブルにならないために、以前から話し合いをしておくことが必要だ。

その問題提起のためにも、この相続川柳の応募は行われている。

不動産相続の専門家

この相続川柳を主催した「親子で相続を考える会」の運営元である「プロサーチ株式会社」は、東京都中野区に事務所を構え、普段は遺産相続に対する相談を受け付けている。豊富な経験から、親と子双方にとって最善の結果となる相続の形を提案している。

相続川柳の受賞作はプロサーチ株式会社のブログである「遺産相続コンシェルジュ」から見ることが可能。

相続はいつそのときがやってくるかわからない。そのときにしっかりと対応できるように、この相続川柳が自らの相続について考えるきっかけとなればいい。

(画像は遺産相続コンシェルジュのブログより)

▼外部リンク

遺産相続コンシェルジュ(運営:プロサーチ株式会社)
http://www.pro-search.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
会員登録・ログイン
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する