終活のお役立ちニュース "「おひとり様終活」の強い味方!自治体がサポートする終活登録。"

万一の時のために

しがらみもなく自由気ままなおひとり様生活。しかし年齢を重ねていくうちに病気などで体の自由がきかなくなると、頼れる人が近くにいない、といった不自由に見舞われることも多い。

今までも民間では死後の手続き代行サービスなどが行われてきた。だが、費用の面でトラブルになるケースもあるなど利用しづらい状況であったのも事実。

そんななか、最近では各自治体が終活サポート事業を実施し始めている。民間と比べれば費用も安く済むうえ、本人の希望を可能な範囲で受け入れてくれる場合が多い。

どんなことを登録するのか?

ずっとひとりで暮らしてきた人が、ある日、突然亡くなってしまったとき。たとえ生前に自らで葬儀会社や入りたい墓を決めておいても、その書類や書き留めておいたノートが見つからなければ本人の希望を叶えることはできない。

2018年5月より開始された神奈川県横須賀市の終活サポート事業「わたしの終活登録」は、市民であれば誰でも登録可能。

本人の死後または認知症などで登録内容を伝えられなくなった場合には、事前に登録した内容(一部を除く)を開示し、本人の希望を尊重する。

登録内容としては、氏名や住所、本籍地などの基本的な情報から、万一の時の緊急連絡先、上記の希望の葬儀会社や墓の場所、さらにエンディングノートの保管場所など11の項目が設けられている。項目の選択は基本自由で、好きな項目を追加することも可能。

例として、横須賀市の終活サポート事業を取り上げたが、全国各地の自治体で同じような取り組みが実施され始めている。

自分の思い通りに人生の幕を引きたいと思っている人は、ぜひ自分の自治体でも終活サポート事業が行われているか調べてみるのも良いだろう。

(画像は横須賀市HPより)

▼外部リンク

横須賀市わたしの終活登録
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する