終活のお役立ちニュース "健康は企業の財産!明治安田生命が健康アドバイスアプリ導入"

健康アプリ導入の背景

株式会社リンクアンドコミュニケーション(以下「リンクアンドコミュニケーション」)は、2019年4月より、明治安田生命保険相互会社(以下「明治安田生命」)の従業員向けに、健康アドバイスアプリ「カラダかわるNavi」の導入を始める。

明治安田生命では、従業員等の健康増進・活力向上の継続的な取り組みを行うことで、健康経営(注1)を継続的に取り組み組織全体の生産性向上を目的とする「みんなの健活プロジェクト」を推進する。

「カラダかわるNavi」は、このプロジェクトに導入される。

(注1)NPO法人健康経営研究会の登録商標。

カラダかわるNaviとは

「カラダかわるNavi」のアプリの特徴は、毎日の食事、運動を記録すると、AI管理栄養士が食事や運動、睡眠などのアドバイスを自動で提供する仕組みだ。

利用者への生活習慣予防へ向けたメッセージ機能などの管理機能も備わることで、ダイエットや健康管理を継続して続けられる仕掛けがある。

また、食事は写真を撮るだけで、きめの細かい食事アドバイスを管理栄養士・栄養士の側面から行う。

このアプリでは日々の生活習慣を見直すことで、日常生活の食習慣を見直し、健康寿命を延ばすことを目的としている。

将来の日本社会の課題は健康増進がカギ

近年では、企業を支える人の健康維持や大きな病気を未然に予防することは、定年延長や社員の高齢化が進む、将来の日本への大きな推進テーマだ。

最先端のヘルステックサービスを取り込んだ、「カラダかわるNavi」では、そうした企業のニーズに応えるために健康増進の価値ある効果をこれからも提供していく。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

リンクアンドコミュニケーションの健康アドバイスアプリ 「カラダかわるNavi」
http://www.linkncom.co.jp/news/20190325_01/index.html

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する