終活のお役立ちニュース "家族の遺骨が何体でも追加できる樹木葬「家族永代供養さくら」オープン"

収納遺骨数に制限のない樹木葬

公益財団法人墓園普及会(以下、墓園普及会)は、千早赤阪メモリアルパーク(以下、同メモリアルパーク)に、「家族永代供養さくら」を新区画として拡充し、2019年4月28日(日)より受付開始すると発表した。

「樹木葬」に関するアンケート(以下、同アンケート)を、東京・大阪に在住する307人に実施したところ、東京に在住する70代以上の人は、「霊園の管理体制」「永代に渡り供養してもらえるのか」などを不安要素として挙げる人が多かったとのこと。

一方で、大阪に在住する70代以上の人は、「永代に渡り供養してもらえるのか」や「一度遺骨を埋葬した後に、家族の遺骨を追加できるか」を挙げる人が多く、特徴的な傾向となった。

千早赤阪メモリアルパーク「家族永代供養さくら」の特徴

「家族永代供養さくら」は、区画数が256区画で、年間管理料は不要である。

同アンケート結果を反映して、1区画(40㎝角)毎に1家族を個別に納骨し、家族や親族の遺骨を何体分でも納骨できる。

また、合祀墓に遺骨を移すことなく永代供養されるため、自分の選んだお墓で家族・親族だけで供養を受けることができる。

さらに、墓石に手を合わせたい人のために墓石とのセットプランもあり、33年経過した時点で、墓石撤去や改葬費用を負担することなく「家族永代供養さくら」に改葬される。

(画像は墓園普及会お知らせより)

▼外部リンク

墓園普及会 お知らせ
http://www.boenf.org/reien/chihaya/index.html#news

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する