終活のお役立ちニュース "認知症予防が期待される「なでなでねこちゃんDX2三毛猫のオス」が5月に発売!"

縁起が良い三毛猫のオスのぬいぐるみ

認知症の予防などに活用されている人気シリーズ「なでなでねこちゃん」の新商品が発売される。

この新商品「三毛猫のオス」は、300個のWeb限定販売である。

発売元は、「家族の幸せ創造」を掲げ、オリジナル商品の開発・販売事業を行う「トレンドマスター株式会社」。

「なでなでねこちゃん」シリーズは、スマホの静電センサー技術を応用し、なでると鳴く機能が搭載されている。これまでも、高齢者福祉用品として、認知症とその予防に活用されてきた。

発売日は5月10日で、価格は税込み6480円。大きさは本物の猫と同じくらいだが、重量は200グラムと軽いので、力がない人でも持ちやすい。

鳴き声を聞くには、単4アルカリ乾電池が2本必要。また、対象年齢は3才以上。

癒やしの効果で自立向上を促す

帝京科学大学の研究室が、同製品を被験者になでてもらい、その脳波の変化を測定する実験を行った。すると、被験者の45%にリラックス効果が得られたという。

特に猫の飼育経験がある女性たちからは、より強いリラックス効果が見られた。これは、猫好きの女性にとって、アニマルセラピーに近い効果が得られるということだ。

また、老人ホームなど介護の現場での活用でも、被験者の約3割に活動の質に改善の変化が見られた。この結果を受け、これからの被介護者の自立向上に寄与することが期待されている。

施設では、同製品をきっかけに入居者同士のコミュニケーション作りに役立っているとの声もある。

このかわいらしい猫型のぬいぐるみを介せば、家族間の会話や笑顔もきっと増えていくことだろう。

(画像はトレンドマスター株式会社のプレスリリースより)

▼外部リンク

トレンドマスター株式会社
http://trendmaster.co.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する