終活のお役立ちニュース "オーダーメイド型リハビリスタジオ「ウェルビスタ ケアスタジオ」を開業"

リハビリをしたくてもできない人が大幅に増える可能性

株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティは、保険外リハビリサービスと機能訓練型デイサービスの同時一体型施設「ウェルビスタ ケアスタジオ」(以下、同施設)を、2019年6月1日(土)に東京都中野区において開業する。

脳血管疾患を発症する人が今後も増え続けると考えられている状況であるが、昨年の診療報酬改定により、リハビリを受けるために入院できる期間が短縮された上に、今年度から、医療保険のリハビリを外来で受けることができなくなった。

このため、リハビリをしたくてもできなくなる人が大幅に増えると予測されるなか、同施設を開設することとなった。

「ウェルビスタ ケアスタジオ」の概要

同施設では、脳血管疾患やパーキンソン病などの後遺症の改善を目的とした、保険外のパーソナルなリハビリサービス(以下、同リハビリサービス)と、介護保険対象者が基礎体力の維持・向上を目指す機能訓練型のデイサービス(以下、同デイサービス)を併設している。

同リハビリサービスでは、専門性の高いリハビリ機器を用いながら、完全オーダーメイドの専門的なリハビリプログラムを提供し、仲間と自由にゆっくりと語りあえるカフェスペースを用意するとともに、リハビリ終了後の就労支援も行う。

また、同デイサービスでは、リハビリのプロ集団が、身体状態にあわせて個別メニューと機能訓練プログラムを組み合わせて提案し、基礎体力の向上と維持を図る。

なお、営業時間は、同リハビリサービスが、午前10:00~12:00/午後13:00~15:00/15:00~17:00の3部構成で、同デイサービスが、午前9:00~12:15/午後13:30~16:45の2部構成であり、定員は各々25名である。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ユニマット リタイアメント・コミュニティ プレスリリース
http://www.unimat-rc.co.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する