終活のお役立ちニュース "1日1組限定の家族葬専門ホール「洛王セレモニー 宇治槙島ホール」をオープン"

家族葬に特化した小規模会館

2019年5月13日、ライフエンディングサービスを提供するライフアンドデザイン・グループ株式会社は、同社の子会社・洛王セレモニー株式会社(以下、洛王セレモニー)が、家族葬に特化した小規模会館「洛王セレモニー 宇治槙島ホール」(以下、同セレモニーホール)を京都府にオープンすると発表した。

葬儀に対する意識が変化して、家族・親しい近親者のみで行う「家族葬」や告別式のみを行う「1日葬」など、葬儀が小規模化しつつある。

このようななか、京都・滋賀・大阪を中心に全35ホールの家族葬専門ホールを運営している洛王セレモニーは、家族葬に特化して、コンビニ跡地や飲食店のテナント跡など、200坪程度の狭い敷地でも出店可能な小規模会館を積極的に開発を進めている。

「洛王セレモニー 宇治槙島ホール」の概要

同セレモニーホールは、近鉄小倉駅から車で5分の好立地であり、敷地面積が482平方メートル(約146坪)、適正人数が20名の家族葬に特化した小規模会館で、1日1組限定で利用可能だ。

このため、他の遺族と同じ式場内で式を営むことがなく、故人との最後のひと時を家族や近親者のみでゆっくりと過ごすことができる。

また、木目と琉球畳を活用したリビングルームはモダンで落ち着いた雰囲気で、バスルームも併設しており、宿泊も快適にできる。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ライフアンドデザイン・グループ ニュースリリース
https://le-holdings.co.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する