終活のお役立ちニュース "三井住友信託銀行が新商品「人生100年応援信託(100年パスポート)」の取り扱いを6月より開始。"

人生100年時代のための新しい信託プラン

「三井住友信託銀行株式会社」が2019年6月3日(月)より、「人生100年応援信託(100年パスポート)」の取り扱いを開始する。

これは、資金の安心をサポートする機能と、人生の充実や不安の解消などさまざまな場面に向けた提携サービスを利用できる信託商品である。

この商品を利用できるのは個人のみ。また、申込金額は1000万円以上、追加信託の金額は1回100万円以上(どちらも1円単位)となっている。

信託の終了は原則、受託者兼受益者である利用者が死亡したときで、やむを得ない事情があれば中途解約が可能。解約手数料もかからない。

商品の機能とサービス

この「人生100年応援信託(100年パスポート)」は、防犯や認知症、相続対策のための機能をワンパッケージでそれぞれ4つ取りそろえている。

1つ目の「防犯あんしん機能」では、特殊詐欺などへ備えるために支払同意者を指定できる。2つ目の「ねんきん受け取り機能」では、指定の口座から、あらかじめ指定した金額を定期的に受け取ることができる。

3つ目の「まかせる支払機能」では、認知症や健康の不安に備え、金額・口座や手続きの代理人・同意者を指定することができる。4つ目の「おもいやり承継機能」では、金額、承継先を指定しておけば、利用者が死亡し相続が発生した後に、500万円までがすみやかに支払われる。

また、提携サービスとして、他社が提供する旅行・グルメや看護、弁護士の紹介や保険料の負担などのサービスを優待価格などの特典付きで利用することもできる。

(画像は三井住友信託銀行のHPより)

▼外部リンク

三井住友信託銀行
https://www.smtb.jp/corporate/release/pdf/190530.pdf

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口
電話で相談する メールで相談する