終活のお役立ちニュース "Tスクエアソリューションズが「comuoon」の販売を10月より開始"

 

10月より「comuoon」の販売を開始

Tスクエアソリューションズ株式会社は、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社が展開する「話し手」の声を聞きやすい音質に変換する対話型支援機器「comuoon(コミューン)」の販売を10月より開始する。

Tスクエアソリューションズ株式会社は、東和薬品株式会社とTIS株式会社の合併会社。

「comuoon」の販売代理店として、地域包括ケアを推進する自治体や医療機関・保険薬局、介護施設などを中心に、聴力に関する社会課題解決に向けサービス展開を推進していく、という狙いがある。

補聴器いらずで音がクリアに聞こえる

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社は2012年創業のベンチャー企業で、脳が認識しやすい音質向上技術を世界で初めて開発し、医学的な証拠を取得することに成功している。

そのユニバーサル・サウンドデザイン株式会社が提供する対話型支援機器「comuoon」は、聴こえに悩む人が自ら工夫するのではなく、話す側から聴こえの改善に歩み寄るというコミュニケーション支援の形を実現するシステム。

現在までに、医療機関や療養機関、金融機関など4500ヵ所以上の施設に導入されており、販売累計台数は9000台を突破している。

聴覚のケアで認知症も予防

一般社団法人・日本補聴器工業会などの調査によれば、日本における難聴者数は総人口の1割を超える高い数字を示している。しかし、難聴者の補聴器の利用率は低く、難聴への対応は遅れている。

現状でも難聴でありながら生活している人が多い上に、高齢化社会が加速する日本では、今後さらに老人性難聴が増加していくことが予想されている。

アメリカで行われた研究の結果では、難聴を放置した結果、聴覚だけでなく認知症リスクが増大することも判明している。このことから、聴こえの改善など聴覚のケアは認知症の予防にもつながることも期待されている。

(画像はTスクエアソリューションズ株式会社のプレスリリースより)

▼外部リンク

Tスクエアソリューションズ株式会社
https://www.t2-sol.co.jp/information/information-85/

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社
https://u-s-d.co.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する