終活のお役立ちニュース "驚異の好販売!墓の完成イメージを提供する「VR終活」"

VRを用いた販売手法で大成功

埼玉県所沢市の「所沢西武霊園」において、墓が建った後のイメージをVR(ヴァーチャル・リアリティ)で見ることができる「VR終活」を用いた販売手法を導入したところ、好販売の販売実績を上げた。

この「VR終活」は、全国で四季の花に彩られるガーデニング霊園を展開する株式会社ココ・プランニングと、VRによる住宅の内覧など最新テクノロジーで理想のライフスタイルを提供する株式会社ジブンハウスによる取り組み。

所沢西部霊園がVRを販促ツールに用いることを開始したのは2018年4月。「VR終活」の導入によって、暗い・恐いといった一般的な霊園イメージを払拭し、かつ明るい・楽しい公園のイメージを伝えることに成功。それにより、一霊園の販売基数としては驚異的な数字である、年間1000区画の販売実績を上げた。

華やかなガーデニング霊園の美しさをVRで

所沢西部霊園の特徴は「四季の花が彩る、明るい公園のような空間」。しかし、霊園を手がけるココ・プランニングのコンセプトは、お墓を建ててから周囲に植えた樹木や草花が成長し彩るガーデニング霊園。

販売前の区画には何も植えられていない状態であるため、写真や図面、実際にその区画を目の当たりにしてもその完成イメージを想像することが容易でなく、霊園の魅力を十分に伝えることができなかった。

そこで、VRを用いた住宅の内覧において実績のあるジブンハウスが製作した高精細CGの「VR終活」を導入。完成後の、花々が咲き誇る美しい墓の様子を確認できるようになった。

「VR終活」は、自分の死後に入る墓のイメージをハイレベルなVRで視聴しながら、「自分が入りたいお墓」「家族が訪れたいお墓」を選ぶもの。VRは自宅での視聴が可能なため、高齢者の肉体的・心理的負担を軽減する狙いもある。

(画像はPRTIMES掲載ジブンハウスのプレスリリースより)

▼外部リンク

PRTIMES 株式会社ジブンハウスのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000022700.html

所沢西部霊園
https://t-seibureien.com/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する