終活のお役立ちニュース "捨てないという選択肢、みうらじゅん「マイ遺品セレクション」が発売"

「マイ遺品セレクション」

2月7日、漫画家、イラストレーターのみうらじゅん氏による連載、「収集癖と発表癖」が単行本化し、文藝春秋より発売された。

同書は、みうらじゅん氏が考える「終活」「生前整理」について触れている。

昨今ブームの「生前整理」は物を減らす事を目的としているが、同氏の考えは真逆である。「捨てない努力」をして、物を残していくスタイルの「終活」は、読者にとっても新鮮に感じるのではないだろうか。

絶対捨てないという強い意志

同氏は、人に見せて笑わせるために多くのコレクションを保有しており、コレクション用の倉庫もあるという。

同書ではその膨大なコレクションを一挙公開、中には交通事故防止のための看板「飛び出し坊や」や、「カニの表紙がおいしそうな旅行パンフレット」などがある。

それらのコレクションは、同書で「遺族は困るだろうけど、死ぬまで捨てられないマイ遺品」と名付けられ、紹介。収集癖や終活観についても、同氏の熱い想いが語られている。

発売は2月7日

「マイ遺品コレクション」は2月7日に文藝春秋より発売されている。

同書のジャンルは、随筆・コミックエッセイ。

販売価格は1,300円(税抜)。

同書は、書店ならびに文藝春秋のオンラインショップから購入可能だ。

同書で語られた、世の中の断捨離ブームに抗う「捨てない」という意思は、世の断捨離が苦手な人達に捨てない勇気を与えるのではないだろうか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

文藝春秋オンラインショップ
https://books.bunshun.jp/

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する