必要な各種手続きについて

各種手続きや葬儀社選びのポイントについて

葬儀について

大切な人が息を引き取っている。そのような状況に直面した際に慌ててしまったり動揺してしまうのは仕方のないことです。ですが、遺体をそのままにしておくことはできません。葬儀、葬送始める前にしなければいけないことをまとめました。

まず早急にしなければならないこと。

遺体を安置する場所を決めなければならない。

  1. 自宅にて安置
  2. 斎場または葬儀社の霊安室
相場の料金 特徴
自宅 なし 集合住宅の場合、エレベーターにスレッチャーが入るか、階段は棺が通る幅があるかなど事前に確認しておきたい。
火葬場 公営施設 1泊数百円~ 地域により異なる 施設によっては、受け入れ時間が限られているなど制限がある。
民間施設 1泊7,000~1万円
葬儀社 葬儀社により異なるプランに含まれていたり、1泊数万程度 葬儀まで頼まざるを得なくなる場合があるために、事前に安心できる葬儀社を選んでいない場合は避けたい。
安置専用施設 1泊7,000~3万円 都心部で増加しているものの広さ、設備などで値段がことなる。また、融通もきくが施設数が少なく値段が高め。

安置が済んだら葬儀の場所・会場を決める

  1. 葬儀社のセレモニーホール
  2. 火葬場併設斎場
  3. 公営斎場

様々な選択肢がありますが、葬儀のスタイルなどに関係してきますが、ご自宅から比較的近くや交通の便が良い場所を想定しておくと、葬儀社・葬儀の内容にも余裕ができ、納得いく葬儀ができます。

日本の葬儀の96%は仏式で行われていますが、仏教には多くの宗旨宗派があり、それぞれの考え方や作法や儀礼は異なります。ですので、故人の信仰や何宗の何派であるのかを確認しておくことは大切です。

葬儀の種類

葬儀については選べる時代になっています。

遺族と身内だけで見送る葬儀

¶家族葬
本来遺族のみで行う葬儀のことですが、親戚や親しい知人や友人を加えた小規模で営む葬儀が一般的です。
¶密葬
貴族や親族を中心に故人をよく知る人だけが集まり広く知らせることなく密かに行うものです。

簡素・簡略にお別れをする葬儀

¶一日葬
前日に通夜法要そして翌日に葬式・告別式と2日にわたって執り行われる葬儀を通夜なしで1日で火葬まで済ませる葬儀です。
¶直葬
通夜も葬儀も告別式も行わず直接火葬場へ運び火葬、拾骨して終えます。

遺族・親族だけではなく、故人を知る人たちと送る葬儀

¶一般葬
遺族や親族以外にも親しい人や会社関係者にも会葬してもらう葬儀です。
¶社葬
大規模な葬儀においては実績・費用以外にも企画力と実施するセンスや練度の高い葬儀社が必要になります。

故人にちなんだお別れをする葬儀

¶音楽葬・自由葬
故人が生前好んだ楽曲や生演奏を流しながらお別れをする葬儀スタイルです。
¶お別れ会
家族・近親者だけで葬儀を行い火葬を済ませて、後日、故人や遺族と親交のある知人・友人を広く招いてお別れをするといった、告別式中心の葬儀です。

葬儀社選びと葬儀の費用について

葬儀にかかる費用は高額です。料金や内訳を確認して不要なサービスは省くようにしましょう。

¶POINT

葬儀費用のセット料金に何が含まれているのかを確認する
葬儀内容が決まったら見積書をとりましょう。

全国の葬儀平均は189万円

(2014年度)
¶葬儀一式費用 122万円
遺体の搬送、通夜、葬儀、火葬などに必要な物品、人件費
¶飲食接待費用 34万円
通夜から葬儀で、ふるまう飲食代
¶寺院費用 45万円
読経料、戒名料

葬儀費用一式とは、遺体の搬送、通夜、葬儀、火葬などに必要な物品、人件費といったものが含まれる費用です。この費用一式が「葬儀プラン」と呼ばれる費用で全国の平均が189万円です。飲食接待費用は通夜から葬儀にかけて振る舞われる飲み物と食べ物にかかる費用で、参列者の人数によって変動するため、葬儀一式の費用とは区別して考えておきましょう。概ね葬儀社に依頼して用意しますが自身で手配することも可能です。
寺院費用は、読経や戒名に対してお布施という形で支払う費用です。一般的な葬儀形式の場合、通夜での読経から翌日の告別式や読経まで依頼することになります。ただこの寺院費用は依頼する寺院にとり幅がありますので目安と考えた方がよいでしょう。

失敗しない葬儀のポイント

  1. 事前準備を怠らない:葬儀会館で葬儀を行う場合は遺体の搬送の時点で依頼する葬儀社を決めておくと故人が望む理想の葬儀を行えます。家族のためにも納得できる葬儀を行うための大切なポイントです。
  2. 参列者リストを作る:参列者の数が葬儀の規模を決めます。それにより、飲食費用や香典返しの額も変わり、葬儀費用に大きく影響します。
  3. 遺体安置場所を確認する:「自宅に安置したい」と思っても遺体を自宅に戻すことができないこともあります。葬儀社に事前に相談しておくといいでしょう。
  4. 葬儀の形式を決める:仏教、神式、無宗教葬などの形式を決めておく。仏式であれば、菩提寺があるかも確認しておく。仏式では戒名をつけるかどうかも問題。無宗教葬の場合は、葬儀社選びや納骨などを検討する必要がある。
  5. どんな葬儀を行いたいか決める:通夜、葬儀をどうするか、告別式を行うか葬儀や告別式を行わず直葬にするかなど決める。
  6. 斎場をどこにするか決める:公営または民営の葬儀会館にするか、葬儀社の自社斎場にするか決める。それぞれメリット・デメリットがある。
  7. 埋葬をどうするか考える:菩提寺の墓に埋葬するか、新たに墓地を購入するか(公営にするか民営にするか)、納骨堂や永代供養墓もしくは散骨、または、手元供養といった方法がある。
  8. 葬儀費用をどうするか決める:全項目までを考えた上で葬儀費用をどれくらいにするかを決める。
  9. 葬儀社を選ぶ:検討したポイントとできる限り合致する葬儀社を選ぶ。

葬儀社に依頼できることの例

悲しみの中でも式の準備はしなければなりません。ご自身ですべてを行うのは難しいので葬儀社にお願いできることは頼むと良いでしょう!

進行管理

  • 日程の管理
  • 通夜から告別式までの進行管理・司会進行

事務手続き

  • 病院や自宅から斎場までの遺体搬送
  • 死亡届など必要書類を役所へ提出また、手続きの代行

準備・手配

  • 遺影写真用意
  • 火葬場・納棺の手配
  • 式場・祭壇の設営、準備
  • 弁当・料理などの手配
  • 霊柩車・マイクロバスの手配

各葬儀社により葬儀プランの内容が異なりますので確認する

葬儀社選びのポイント

☑有名だからという理由で選ばない
☑広告やチラシなどで判断せずに、複数の葬儀社と直接話をしてみる。
☑見積もりは明確で分かりやすいか。
悔いのない葬儀を行うためにも、遺族の気持ちをくみ取ってくれる誠実で信頼できる葬儀社を選びましょう!

終活サポートが提携している地域の葬儀社(エンディングプランナー)にて、無料相談を承っております。


無料相談はこちら

お気軽にお問合せ下さい。