永代供養の料金相場はどれくらい?料金が高くなる理由はここにあった

永代供養の料金相場がお墓の種類ごとにちがうのには理由があります。漠然と料金を眺めるより、どのような要因が費用を左右するのかを理解したうえで料金を比べた方が、納得のいく選択ができると思います。

同じ永代供養で料金差があるのはなぜ?永代供養墓の料金相場

永代供養の料金相場はどれくらい?料金が高くなる理由はここにあった01

料金を左右する要因

永代供養墓の料金は寺院・霊園ごとに異なるのはもちろん、種類によっても大幅に料金がちがいます。料金のちがいは、次の3つの要因によって左右されます。

1お墓のつくり(デザイン、大きさ、墓石の種類)
自分で建てる個人墓は、デザイン性があり高価な墓石で大きくつくるお墓ほど料金がかかります。集合墓や合祀墓・納骨堂といった既に寺院・霊園で用意してあるお墓を使用する場合についても同様です。
2永代供養期間
永代供養期間とは、個別に納骨されている期間のことです。永代供養期間が長いほど、料金がかかります。
3永代供養期間中の納骨スペースの広さ
個別納骨時の納骨スペースが広いほど、料金がかかります。

永代供養墓の料金相場

一人用の永代供養墓の料金相場をご紹介します。

<屋外>

個人墓

費用は100~200万円程度です。どのようなお墓を建てるかによって料金が大きく変わります。

集合墓

費用は10~40万円程度です。既に建ててあるお墓を共有で使用するためお墓を建てる料金がかかりません。

合祀墓

費用は3~40万円程度です。既に建ててあるお墓を共有で使用することは集合墓と同じですが、合祀墓は個別の納骨スペースがなく他の人の遺骨と混ざって納骨するため料金を抑えることができます。

樹木葬

費用は30~90万円程度です。花や緑に囲まれた霊園型の墓地は常に人の手によって整備・管理が必要になるため、大規模な敷地や一段と美しい霊園は高額になる傾向があります。

<屋内>

納骨堂

費用は50万円程度(永代供養料、銘板彫刻料)です。一般的には納骨スペースが広くなる 自動搬送式・ロッカー式<仏壇式<墓石式 の順に料金が高くなります。

お布施は別料金?気になる永代供養の料金の内訳

永代供養の料金内訳
永代供養の料金は申込者・支払者本人が亡くなったあとにサービス(=永代供養)を受けることを考慮し、先払いが基本です。そのため、亡くなった後に必要になる次の3つが料金内訳の基本です。寺院・霊園によっては内訳が異なっていたり、基本料金の他に追加で必要になる費用もありますのでよく確認しましょう。
  1. 永代供養料
    お墓の管理・供養に必要な費用です。個人墓40万円、集合墓20万円、合祀墓10万円が目安です。
  2. 納骨法要料
    納骨の際に行われる法要のお布施です。3~5万円程度です。
  3. 刻字料
    墓誌や石碑・銘板に故人の名前を彫るための費用です。3万円程度が目安です。

場合によって追加費用が必要になるもの

寺院・霊園によっては別途費用が必要になるものもあります。

年間管理費

納骨される時まで納骨場所を確保・管理し、施設等を維持するための費用です。墓地の整備代や施設の水道代・電気代などが含まれます。

年間護持会費

寺院が運営している場合、年間管理費のことを“年間護持会費”と呼ぶことがあります。呼び方が異なるだけで、費用の使い道は年間管理費と同じです。

お布施

ご遺族が年忌法要を行いたいと希望する場合は別途申込みが必要で、その際のお布施も必要になります。納骨法要のお布施と定められた頻度で行う供養のお布施に関しては、永代供養の料金に含まれているので別途費用はかかりません。

入檀料

寺院が運営している永代供養墓では、檀家になることを条件としている場合があります。その場合は入檀料として10~30万円が必要です。

墓じまい先に永代供養のお墓が選ばれる理由と墓じまいの方法・費用相場

なぜ墓じまい先に永代供養のお墓が選ばれるのか

就職場所の多様化によって先祖代々のお墓がある場所と離れて生活する人が多くなりました。離れて暮らしていても元気なうちはお盆やお正月に帰省しお墓の管理もできますが、年齢を重ねると帰省の移動だけでも大変になります。

また、このようにお墓を継ぐという大変さを知る親世代には子供に同じ苦労をかけたくないと思っている人もいます。こうした背景から先祖代々のお墓に眠る遺骨をお墓参りしやすい場所に移す“墓じまい”(改葬・お墓のお引越し、とも呼ばれています)をする人が多くなりました。

そして、墓じまい後の移葬先として永代供養墓が注目されています。永代供養は現代人のニーズから生まれた新しい供養の方法なので、お墓の困りごとを解決する要素が豊富にあります。

それでは、どのような理由で永代供養墓が注目されているのかご紹介します。

1自分の代で後継ぎが途絶えても無縁墓にならない
晩婚・非婚化で子供がいない人が増えています。永代供養のお墓は個別納骨される永代供養期間が終わっても、合祀墓などに納骨されるため無縁墓になる心配がありません。子供はいるけれどお墓のことで負担をかけたくないと思っている人にもおすすめです。
2新しくお墓を建てなくても良い
集合墓・合祀墓・樹木葬・納骨堂を選択すれば、大人数の納骨でもお墓を建てる必要がありません。
3後継ぎが途絶えたタイミングで永代供養に切り替えができるタイプもある
今は子供や孫がいたとしても、その先の後継ぎについてはどうなるかわかりません。後継ぎがいなくなった時や引っ越し等でお墓の管理が難しくなった時、お墓のことで将来の子孫に負担をかけないように途中から永代供養に切り替えができるタイプもあります。

墓じまいの方法

墓じまいは檀家と寺院・霊園の間で勝手にできるものではありません。お墓は墓地埋葬法によって定められていることがありますので、自治体との書類のやりとりも必要になります。

また、墓じまいをする前には親族と墓じまいをしても良いか、墓じまい後の納骨先をどのように考えているか必ず話し合いましょう。新しい納骨先として永代供養墓を検討している方は、個別納骨されていても最終的には合祀されること、合祀後は他の人の遺骨と混ざるため先祖の遺骨だけを取り戻すことができなくなることをきちんと伝えましょう。

お世話になっていた寺院・霊園への相談も忘れないようにしましょう。ある日、突然訪ねてきて「墓じまいをするので書類を下さい」と言われては、これまでのお付き合いはなんだったのかと僧侶でも穏やかにはなれません。お墓の管理や後継者について困っていることや墓じまいを検討していることなどを前もって相談し、穏やかに墓じまいの了承を得ましょう。

今までお世話になった感謝も忘れずに伝えるとよいでしょう。

①移葬先の決定

墓じまい後の新しい納骨先を決定してからでないと墓じまいはできません。墓地埋葬法の定めによって、移葬先が明らかでない場合は改葬(墓じまいのこと)の許可がおりないためです。移葬先で発行してもらう書類:墓地使用許可証(お墓の場合)、受入証明書(納骨堂の場合)

②改葬許可申請書の記入

改葬許可申請書は改葬許可証を申請するために必要な書類です。墓じまい予定のお墓がある自治体の役場で発行してもらいます。役場の公式ホームページからダウンロードできる場合もありますので、特に遠方にお住まいの方は足を運ぶ前に確認してみるとよいでしょう。なお、申請書は遺骨1名分につき1枚必要ですので、お墓に納骨されている遺骨が何名分あるのかを先に確認しておきましょう。役場で発行してもらう書類:改葬許可申請書(納骨されている人数分必要)

③墓じまい予定の寺院・霊園から埋蔵証明書をもらう

現在お墓がある寺院・霊園から「埋蔵証明書」を発行してもらいます。証明書は遺骨1名分につき1枚発行されます。発行には1枚300~1500円かかります。寺院・霊園で発行してもらう書類:埋蔵証明書(お墓の場合)、収蔵証明書(納骨堂の場合)

④自治体の役場から改葬許可証をもらう

墓じまい予定の自治体の役場へ必要書類を提出し、改葬許可証を発行してもらいます。改葬許可証は遺骨1名分につき1枚発行されます。発行には1枚無料~1000円かかります。役場へ提出する書類:墓地使用許可証(または、受入証明書)、改葬許可申請書、埋蔵証明書(または、収蔵証明書)役場で発行してもらう書類:改葬許可証(納骨されている人数分)

⑤閉眼供養・遺骨の取り出し

閉眼供養を行ってから遺骨を取り出します。閉眼供養は、墓石に宿った仏様やご先祖様の魂を抜きとるための供養です。持ち運びの際は骨つぼが割れないよう風呂敷やさらしで包むとよいでしょう。

⑥移葬先へ納骨

移葬先で開眼供養を行ってから納骨します。開眼供養は閉眼供養の反対で、仏様やご先祖様の魂を新しいお墓に宿すための供養です。移葬先へ提出する書類:改葬許可証、墓地使用許可証(お墓の場合)、受入証明書(納骨堂の場合)

墓じまいの費用相場

お墓が建っている土地、つまり、墓地は寺院や霊園から借りているものなので墓じまいをする時は墓石を撤去し土地を整備して返す必要があります。その他にも墓じまいに必要な費用がありますのでご紹介します。

閉眼供養

お墓から遺骨を取り出す前に墓石に宿った仏様やご先祖様の魂を抜きとるためにお経を唱えて供養をします。お布施は1~5万円です。

遺骨の取り出し

石材店に依頼してお墓に納骨されている遺骨を取り出してもらいます。遺骨1体につき0~3万円です。

墓石処分、墓地の区画整備

墓石を撤去し、墓地を区画整備します。1m2あたり10~15万円です。撤去や整備には重機を使うのが基本ですが、場所の関係上で重機を使えない場合は手作業となるため費用が上乗せされます。

離檀料

寺院墓地の場合、墓じまいをして檀家をやめる時は10~15万円程の離檀料が必要です。

上記を合計すると、墓じまいの費用相場は50万円~60万円とまとまった金額が必要です。墓じまいの費用にプラスして移送先のお墓の費用も必要になることを踏まえると、費用を抑えたい方には永代供養のお墓がおすすめです。

まとめ

永代供養は新しくお墓を建てるよりも費用を抑えることができるうえ、後継ぎ不要なので現代のさまざまな悩みの受け皿とも言えるでしょう。新しい供養スタイルですが、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

終活全般相談窓口メールでのご相談
終活全般相談窓口メールでのご相談
▲この記事をシェア

お墓に関連する記事

←「終活コラム一覧」に戻る
終活相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する