施工実績は3ヶ月余で10件!「日本三景松島での海洋葬」

終活のお役立ちニュース "施工実績は3ヶ月余で10件!「日本三景松島での海洋葬」"

 

今年6月から開始の「海洋葬」サービス

有限会社ステップアルバムが運営し葬祭関連事業を行うSea Wing(シーウィング)が、2019年6月から9月までの期間に10件の「海洋葬」サービスを施行したことを発表した。

海洋葬とは、遺骨を海に散布する祭礼方法の一つ。主に、死後自然に還りたいと願う故人、そして遺族の意思に基づいて行われる。

海洋葬を選ぶ理由としては、経済的な理由で墓を購入することができない、または墓の維持・管理をすることが難しい、後継者がいない、などがある。

代行も可能!同行なら散骨はセレモニー形式で!

Sea Wingでは、散骨場所までチャーター船に乗り遺族自ら散骨を行うプランと、チャーター船には乗らずスタッフに散骨を任せる散骨代行プランの2つから、海洋散骨の方法を選ぶことができる。

自ら散骨を行うプランでは、Sea Wingのスタッフが同乗し献花や献酒、黙とうなどの司会進行を務めるなど、セレモニー形式で散骨を行うことができる。

海洋葬の種類は、それぞれ月1回定期便による「月末定期便」、週1回定期便による「週末定期便」、貸し切り便による「貸し切り便」と3つに分けられる。

どの海洋葬も粉骨が込みで、僧侶読経・供養花・散骨証明書・骨壺廃棄がついている(貸し切り便には船舶チャーターも追加される)。費用は「月末定期便」が5万5000円、「週末定期便」が9万9000円、「貸し切り便」が26万9500円(いずれも税込み)となっている。

また、一度に1柱以上の海洋葬を行いたい場合は、1柱追加ごとに4万4000円が加えられる。さらに、粉骨のみの「粉骨」プランならば2万2000円。墓に埋葬された状態の遺骨に行われる「洗骨プラス粉骨」プランなら5万5000円となる。

Sea Wingによる海洋葬は、10月には「貸し切り便」が1件、「月末定期便」が5件予定されている。

(画像はSea WingのHPより)

▼外部リンク

PRTIMES掲載のSea Wingのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000045641.html

Sea Wing
https://sea-wing.net/index.html

▲この記事をシェア
←「終活のお役立ちニュース」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら
終活相談窓口 Story相談窓口 いい葬儀お客様センター
電話で相談する メールで相談する