終活コラム "私たちが葬儀を行う5つの理由。その役割を考える"

終活コラムでは、終活アドバイザー、介護福祉士などが、終活に関するお金のこと葬儀のことお墓や介護の悩みを少しでも解決できる最新情報を毎月お届けしています。

私たちは、なぜ葬儀をするのだろうか?

私たちが葬儀を行う5つの理由。その役割を考える01

このページを見に来てくださっているあなたも、きっと葬儀のことをお考えなのだと思います。

自分自身の葬儀、あるいは大切な家族の葬儀。

いずれにせよ、人間は、古い昔から、どんな地域でも、葬儀を行ってきました。

亡くなった人の最期を、遺体の処理を”儀式”として行ってきたのです。

葬儀の流れや、費用について考えるのももちろん大切なことです。

でも、せっかくご縁があってこのページに来てくださったのです。私たちが、なぜ葬儀をするのか、考えてみませんか?

葬儀を執り行う、5つの役割

葬儀は亡くなった人のため? 遺された家族のため?実はこれ、両方のためなのです。
もっと広く言えば、社会全体のためでもあるのです。

葬送ジャーナリストの碑文谷創さんは、葬儀の役割を5つに分けて説明されています。
これをもとに、1つずつひも解いていきましょう。

【1.社会的役割(=死の告知)】
お葬式をすることで、その人の死を社会に広く知らせることができます。
参列することで、あるいは参列しなくても訃報が回ることで、人々はその人の死を認識します。

【2.物質的役割(=遺体の処理)】
遺体の処理は、社会を維持していく上ではとても重要な問題です。
世界中を見渡しても、土葬の地域、火葬の地域、風葬(遺体を野天にさらして風化を待つこと)など、さまざまです。
ちなみに、現代の日本では99.99%の人が火葬されています。

【3.宗教的役割(慰霊・鎮魂)】
私たちは、無意識のうちに霊魂の存在を信じていますし、それを前提に宗教も成り立っています。
亡くなった人の霊を鎮めるために、宗教儀式を執り行います。

【4.心理的役割(グリーフケア)】
グリーフケアとは、死別の悲しみをケアすることです。
最近よく耳にする言葉ですが、古くから、葬儀にはグリーフケアの要素が含まれていました。
葬儀は、遺された人たちのためのものでもあります。
人が集まり、ともに死者を悼むことで、悲しみは、少しずつ、少しずつ、癒えていきます。

【5.社会心理的役割(=共同体のための葬儀)】
すこし説明が難しいのですが、ある個人の死は、共同体にも影響を与えるのです。
たとえば「喪に服す」という考え方は、葬儀を行った家には死のけがれがあると考えられ、これを和らげるために、時間をかけて葬儀や四十九日法要を執り行います。

葬儀には、死がもたらす畏怖を和らげる役割があるのです。葬儀は、死者や私たちを幸せに導いてくれる大切な儀式なのです。

▲この記事をシェア
←「終活コラム一覧」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら