終活コラム "いい葬儀社の見極め方"

終活コラムでは、終活アドバイザー、介護福祉士などが、終活に関するお金のこと葬儀のことお墓や介護の悩みを少しでも解決できる最新情報を毎月お届けしています。

いい葬儀社と出会えるためのポイントをご紹介します!

いい葬儀社の見極め方01

現代のお葬式は葬儀社が主導権を握っていると言っても過言ではありません。

お寺を葬儀社が紹介するほどです。満足のいくお葬式をするためには、いい葬儀社と出会えるかどうかがカギです。

 

【ポイント1】ネット検索や資料請求などから4社程度にしぼる

まずは、あなたが考えるエリアの葬儀社をネット検索しましょう。
都心部であれば葬儀社の数は大小あわせて無数にありますが、郊外や地方では指で数えるほどというところも少なくありません。
ネット検索で気になった業者があれば、次に資料を取り寄せましょう。
ちなみに、会社情報がきちんと明記されていたり、社員の顔が掲載されていたり、ブログが定期的に更新されているなど、社内の情報が発信されている葬儀社はよい傾向にあります。

【ポイント2】見積書を作成してもらう

次に、見積書を作成してもらいましょう。自分がどのような葬儀を考えているか。
葬儀のスタイル、予算、参列者の数など、おおまかな希望を伝えます。

いきなり葬儀社に訪問するのではなく、まずは電話やメールで問い合わせるのがよいでしょう。
また、見積書も郵送してもらうか、個人情報を伝えることに抵抗があれば、メールで送ってもらいましょう。
ここでのポイントは、費用が高いか安いか、だけではありません。

見やすい見積書になっているかです。
・分かりやすい言葉で説明されているか
・商品項目に対してどのような商品か、画像で説明がされているか
・葬儀社が請求するもの以外も含めて、総費用でどれくらい必要かが明記されているか。など、お客様目線に立った見積書であることが大切です。

【ポイント3】対面相談や式場見学で、「人」を見極める

上の手順を踏まえ、さらに好印象の葬儀社を2社程度にしぼりこんだら、実際にその葬儀社の人と会って話をしてみましょう。
自宅に来てもらうもよし。終活セミナーなどに参加してみたり、式場見学を兼ねて現場で会うのもいいでしょう。
自宅に来てもらうのであれば、安置の時にどのような形で故人を休ませるのか、祭壇を飾るのか、隣近所への対応なども聞くことができます。

また、式場で会うのであれば、実際の葬儀でどのような祭壇が飾られ、導線や座席がどう配置されるのかなど、具体的に説明を受けることもできます。
しかし何よりも見極めるべきはそのスタッフの対応です。
・誠実な人柄が感じられるか
・こちらが分かる言葉で説明してくれるか
・押しつけや押し売りをしないか
葬儀を終えた人たちの感想を見てみると、葬儀の満足度は、費用や祭壇などよりも、葬儀社スタッフの対応であることがほとんどです。
つまり、いかに「いい葬儀=いいスタッフ」であるかが分かります。

社員は会社の顔です。
実際に対面することで、そのスタッフを見極め、その先にいる葬儀社を見極めましょう

いい葬儀社の見極め方

日程 時間 会場 定員 主催会社

テーマ 会場住所

参加費用 最寄り駅

日程
時間
会場
定員
主催会社
テーマ
会場住所
参加費用
最寄り駅
▲この記事をシェア
←「終活コラム一覧」に戻る 終活サポートへのお問合せはこちら